カテゴリ:旅行( 47 )
長崎ひとり旅へ ⑥ 眼鏡橋~竜馬通り~寺町通り~商店街
ホテルのチェックアウトの後はすぐ近くの「絵本美術館」へ
e0335926_20352277.jpg


e0335926_20353357.jpg


ピーターラビットコーナー
e0335926_20354489.jpg



クリスマス関連の絵本コーナー
e0335926_20362531.jpg
目を引く絵本をパラパラめくったり、読んだり
気に入った絵本が何冊かありましたが
荷物が増えるのでグッと我慢です


2階3階は絵本の原画展
e0335926_20400535.jpg


作品を撮ってはいけないのでここから
e0335926_20395587.jpg


素敵な建物でしたが中も雰囲気が良く
e0335926_20391216.jpg


お庭の植栽が素敵でした
e0335926_20392570.jpg



e0335926_20424292.jpg

この後は路面電車で「眼鏡橋」に行ってみることに
電車賃は120円
1日乗り降り自由のチケットは500円と言う安さ!

長崎の方は路面電車に乗っての移動が当たり前のようでした
道をお尋ねすると、皆さん決まって電車に乗って・・・と勧めてくださる

結局長崎で電車に乗ったのはこの時1回きりでした
どこへ行くにも歩ける距離なのです
e0335926_20440556.jpg



眼鏡橋の側に気になるお店がありました
e0335926_20493724.jpg


蔓で手作りした感じのバスケット
e0335926_20531537.jpg


中には山から採って来た「カラスウリ」
e0335926_20500293.jpg


その横にはリース土台が20円と値札が付いている
間違い?・・・かと思ってお店の女性に尋ねてしまいました
e0335926_20501934.jpg
山歩きする家族のおじいさんが採ってこられるようです



e0335926_21365101.jpg



あちこちに野の花が飾られています
お店の担当女性は6人いらっしゃるそうで、皆さんが飾られるそうです
e0335926_20515430.jpg



ここのサンタさんはスタッフ女性が書かれたのだとか
可愛いので買ってきました
e0335926_20513278.jpg
ここに置かれている食器は波佐見焼きが多く
スタッフさんが波佐見に買い付けに行かれているそうです

ちょうどどんぶりを探していたので2つ購入
待っている間にお茶とカステラをご馳走になりました
e0335926_21370413.jpg



e0335926_21463016.jpg
奥へずっと歩いてみました



e0335926_21472345.jpg



e0335926_21473601.jpg
お昼は長崎ちゃんぽんを食べよう・・・と思ってはいたけれど
前日もこの日もお店が見つからず
空港で夕飯に食べましょう

そんな時に古い和菓子屋さん
e0335926_21480886.jpg
かんころ餅は売り切れ
上の棚のお饅頭が白あん、黑あん、桃饅頭が60円
白あんと黒あんを買ってどこかベンチで食べましょう~


市民会館側の銀杏がきれい
e0335926_21525247.jpg


一覧橋と川向こうのお寺は「光永寺」
安政元年1854年に福沢諭吉が一時寄宿して蘭学を学んだ場所
と立て看板に書いてありました
e0335926_21534342.jpg



e0335926_21574736.jpg



そのまま奥へ歩いていくと中華の構えのお店
e0335926_21584331.jpg
無事「長崎ちゃんぽん」を食べることができました
3時までの営業で、ぎりぎりセーフ


この後で川向こうを歩いて戻ろうと考えていたところ
e0335926_21590685.jpg



右奥にお寺が見えて行ってみると
「竜馬通り」とあるのでそのまま歩いてみました
e0335926_22042133.jpg


右側にはお寺が何軒か見えています
e0335926_22043636.jpg


急な坂道が続いています
e0335926_22054044.jpg


e0335926_22055045.jpg


e0335926_22061992.jpg


山葡萄がなってる!
e0335926_22071619.jpg



かなり上ったところに「亀山社中記念館」と書いてある場所に出ました
e0335926_22080445.jpg


ここが何であるか何もわかっていなくて見学
e0335926_22130890.jpg



e0335926_22133163.jpg


坂本竜馬のブーツが展示されていました
e0335926_22140026.jpg


出たところでジョウビタキの声が聞こえて
探すと電線に止まっていました
e0335926_22165780.jpg


メスの若鳥のようです
e0335926_22163924.jpg



e0335926_22181844.jpg



途中で人懐こいニャンコ
e0335926_22201874.jpg



e0335926_22200602.jpg



来た道をどんどん下ります
e0335926_22212518.jpg



e0335926_22221583.jpg



途中で寺町通りに曲がって進むと次々お寺が
e0335926_22225244.jpg
前日の長崎の教会と対照的です


お寺の見学は止めて来た道の川に向かうことにしました
e0335926_22273553.jpg



e0335926_22274643.jpg



川の手前の商店街が賑わっていました
ちょっと戻って歩いてみました
e0335926_22304905.jpg
植栽の素敵なお店



その先にもそんなお店がありました
e0335926_22303144.jpg


クレマチス「白万重」が咲いてる
e0335926_22320320.jpg



なんて素敵なお店でしょう~
e0335926_22331543.jpg


ちょうど男性スタッフさんがいたのでちょっと植物のお話
お店の中に入る時、シジュウカラの声が。。。?
足元のセンサーでシジュウカラが鳴くようになっていました
e0335926_22525643.jpg
男性はオーナーさんの息子さんだそうで
この飾りつけはすべてこの方がやられるそうです

許可を得てお店の中を撮らせていただきました
e0335926_22365342.jpg


e0335926_22373253.jpg



e0335926_22384368.jpg


もう少し先へ歩くと同じ名前のお店がありました
e0335926_22394883.jpg



e0335926_22400857.jpg



e0335926_22402701.jpg


ここで引き返すことにしました
最初に見た植栽の素敵なお店に入ってみました
e0335926_22411567.jpg
なんとそこには2軒目の男性がいました
3軒とも同じオーナーさんのお店だったのです

ここにはオーナーマダムがいらして「山茶花」が大好きだから
「さざんか」と言うお店の名前に名前にしたの・・・
そのお話を聞くまで「さざんか」と読めなくていました103.png
e0335926_22432242.jpg



e0335926_22435991.jpg



e0335926_22441774.jpg



e0335926_22443827.jpg



e0335926_22451708.jpg
こんなお店が近くにあったら通ってしまいそうです



そろそろ長崎駅に向かうことにします
e0335926_22502479.jpg


ここは「ベルナード観光通り」
e0335926_22503874.jpg
商店街をひたすら真っ直ぐ進みます
20時過ぎの飛行機だったので空港でもゆっくり
充実の2日間を過ごすことができました



~~~~~~~~~~



長崎で買ってきたもの
e0335926_23011747.jpg



採ってきた木の実
e0335926_23025586.jpg

by ruru-club | 2018-12-05 23:16 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
長崎ひとり旅へ ⑤ 鍋冠山
前日に持ち帰った長崎のパンフレットを整理して
翌日の観光に必要な地図を用意して朝食に
e0335926_10113225.jpg
前日のレストランでしたが、朝はスペースが広くなりテーブルもたくさん
窓からの眺めも良くて長崎港やグラバー園の
カフェでいただいたカステラの長崎堂本店が見えていました


朝食のご飯茶碗と湯呑とお茶はこのコーナーで選びます
e0335926_10111834.jpg
食器はすべて江戸時代からの波佐見焼き
お茶は「秋月園」のそのぎ茶(全国茶品評会で日本一だそうで)
前日にウエルカムドリンクでいただきました
香りが良く美味しいお茶でした

朝は長崎産の紅茶を選んでみました
e0335926_10115229.jpg
奥のサイドテーブルにはフルーツや茂木「オロンベーカリー」のパン
手作りの佃煮等が置いてありました

小皿によそっていただきます113.png
なんてわくわくの朝食なのでしょう



~~~~~~~~~~~~~



チェックアウトの12時まで、近辺の散策に出かけました
長崎港に大きな客船がとまっていました
e0335926_11514903.jpg



e0335926_22535961.jpg


うっかり用意していた地図を部屋に置き忘れ
気の向くままに坂を上っていくと前日のグラバー園入り口に
e0335926_22540977.jpg


グラバー園に入ってすぐの洋館が見えました
「旧三菱第2ドックハウス」
船を修理している間、乗務員が宿泊した施設だそうです
e0335926_11111229.jpg


前日のエレベータを下りた場所からの眺め
右手前に大浦天主堂、オレンジ屋根が宿泊ホテルです
e0335926_22560811.jpg


e0335926_11223329.jpg


前日見学の洋館が見えます
e0335926_11224449.jpg


民家の脇を歩いて「鍋冠山」まで歩いてみました
e0335926_11250509.jpg


この山道が楽しかった!
e0335926_11260100.jpg



e0335926_11273174.jpg


ノイバラの実
e0335926_11274149.jpg


これは何の実?
e0335926_11275039.jpg


こんな新芽が顔出していました
e0335926_11275820.jpg



蔓で丸めてお遊びしながら
e0335926_11282895.jpg



e0335926_11244436.jpg


頂上は立派な展望台になっていました
e0335926_11310525.jpg



e0335926_11322067.jpg



この島が「軍艦島」のようです
e0335926_11322945.jpg



e0335926_11333426.jpg


COSTA SEBENAと書かれた豪華客船
帰ってから調べると11月29日朝から夕方まで寄港の
バハマの4620人の客船でした
e0335926_11334564.jpg


e0335926_11345846.jpg
ポカポカ陽気の中ゆっくりと景色を堪能しました
駐車場も完備されていましたが、観光客はほとんどいません
皆さん、有名な稲佐山の方に行かれるようです

帰りも同じ山道を下ります
e0335926_12025338.jpg


ニャンコにはあまり巡り合わずでした
e0335926_12035293.jpg


またいつかね
e0335926_12045642.jpg



e0335926_12054852.jpg


もう長崎を十分に楽しんだ気分であとはおまけ気分
ホテルに戻って少し休んでチェックアウトです
e0335926_12074145.jpg


e0335926_12073191.jpg


by ruru-club | 2018-12-05 12:14 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
長崎ひとり旅へ ④ 大浦天主堂
ホテルにチェックインの後の近辺散策
正面玄関を出てすぐのところにピンクの洋館
e0335926_21402127.jpg



南山手地区町並み保存センターになっていました
e0335926_21411733.jpg



e0335926_21414505.jpg



2階の窓から正面に宿泊ホテル
その奥にANAクラウンプラザホテル
e0335926_21422163.jpg
電線が見事に張り巡らされています
無くなったら一段と素敵でしょうに。。。


少し歩くと大浦天主堂
e0335926_21472208.jpg
ニャンコが居座っていました
ぐんと観光客が少なくなっていました


e0335926_21493314.jpg



e0335926_21494697.jpg



e0335926_21502010.jpg



教会の中は撮影できません
e0335926_21504363.jpg



白いマリア様が美しく
e0335926_21515994.jpg




e0335926_21525650.jpg



e0335926_21534660.jpg



e0335926_21535678.jpg


当時の資料が色々展示されていました
その記念館をゆっくりまわって
外に出るとイルミネーションに明かりが灯されていました
e0335926_21551165.jpg
ここからホテルまで徒歩2,3分です
翌日もゆっくりできるのでホテルで寛ぐことにします

ホテルのラウンジには長崎関係の本がいっぱい
家具はセンダンの木で出来ている・・・と説明がありました
温かい木のぬくもりが感じられる家具でした
e0335926_10123190.jpg
ひとりなので外には出ずホテルのレストランで夕食をいただきました
テーブルは5つほどしかなくて食事中のお客様は4組だけ
そのうち3組は女性ひとりでした

面白い名前のディナーです
わ・か・らんディナー
和・・・日本  華・・・中国  蘭・・・オランダ
e0335926_10110534.jpg
器がすべて長崎の波佐見焼きが使われていました
そのお料理の美味しい事182.png

このホテルはレストラン以外はアルコールを含めてフリードリンク
食事の後でビールのグラスを持って部屋に
e0335926_10153562.jpg
小さな明治時代からの古いホテルでしたが
お若いスタッフさん達の対応も気持よく居心地の良いホテルでした


by ruru-club | 2018-12-03 22:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
長崎ひとり旅へ ③ グラバー園
グラバー園の中に入ると普通の公園
e0335926_20005186.jpg


洋館があったので中に入ってみました
2階のテラスからの眺めが良かった
e0335926_19571383.jpg


e0335926_19575386.jpg



e0335926_19580354.jpg


この回廊のようなものは下から入園した方が
上に上がるエスカレーターのようでした
e0335926_19572645.jpg



e0335926_23252865.jpg

リンガー邸がプッチーニのオペラ「蝶々夫人」の
記念館のようになっていてとても興味深かったです

幻のオペラ歌手 「喜波貞子の生涯」
e0335926_22523880.jpg


e0335926_22573974.jpg

「ジャコモ・プッチーニ」と「ジャン・ルーサ・ロング」
の関係が書かれていました
e0335926_22572284.jpg
小説「マダム・バタフライ」の原作者はジャン・ルーサ・ロング
長崎に滞在した姉から聞いた話を元に書いた小説
当時、姉が居住していたオランダ坂のある東山手の海が見える家が舞台

小説が戯曲化されて1900年にニューヨークで初演
ロンドン公演を見たプッチーニがオペラ化したそうです
e0335926_23095497.jpg
その際には日本大使の奥さんに取材をしたり
大使に頼んで日本の曲の楽譜を取り寄せたりもしたそうです


プッチーニの自筆の楽譜
e0335926_22571163.jpg

オペラ歌手「喜波貞子」さんの事は初めて知りました
祖父がオランダ人で日本の薬学の基礎を築いた人で
長崎医学校で教鞭をとるために来日

祖母は長崎出身の山口きわ
母つるはオランダ人と結婚

喜波貞子さんは1902年に横浜生まれ
喜波と言う苗字は大好きだった祖母の名前から付けたのだそうです

日本語・イタリア語・ドイツ語・フランス語を流暢に話されたそうです
e0335926_23104932.jpg



e0335926_23251757.jpg


外には三浦環とプッチーニの像がありました
e0335926_23250466.jpg

ここグラバー園が蝶々夫人が
アメリカ人の夫を待ち続けた舞台だったのですね
確かに外国船がやって来るのが見えます
e0335926_23260191.jpg


このプッチーニ像はイタリアのルッカから寄贈されたのだそうです
ルッカのことは最近、縁が合って特に詳しく調べたばかりでした
e0335926_23264221.jpg
プッチーニが生まれた町がルッカなのです


西洋料理発祥の碑が立っていた洋館
e0335926_23305005.jpg


カフェになっているようなので入ってみました
e0335926_23310550.jpg



e0335926_23325181.jpg



海が見える席について
e0335926_23342800.jpg


ヴァイオリン曲が流れる中で美味しくいただきました
e0335926_23335327.jpg



e0335926_23361588.jpg



e0335926_23370662.jpg



下って行くとグラバー邸が
e0335926_23372840.jpg



e0335926_23382704.jpg



中を見学しましたが、あまりに傷みが激しく
e0335926_23385755.jpg
世界遺産に登録されて、これから整備されていくのでしょうか



e0335926_23404021.jpg


奥は馬屋や保冷室、右はお茶室になっていたようです
背景の白い洋館はさっきのカフェです
e0335926_23410015.jpg



e0335926_23433461.jpg




e0335926_23443188.jpg



グラバー園を後にして歩いて行くと
e0335926_23453978.jpg



「大浦天主堂」が見えてきました
e0335926_23464036.jpg
見学を迷ったけれど、まずは宿泊のホテルを探すことにしました
絵本美術館の側だったはずです

絵本美術館はすぐに見つかりました
e0335926_23581707.jpg

宿泊のホテルの名前がどうしても覚えられず
表通りには見つからずウロウロ

警備員さんに尋ねてやっと見つかりました
e0335926_00015358.jpg



e0335926_00022450.jpg


3階の部屋には小さなテラスが付いていて
e0335926_00040675.jpg



e0335926_00034131.jpg



「大浦天主堂」の屋根が少し見えます
e0335926_00052008.jpg
長崎は坂が多いと聞いていたので
リュックを背負って出かけました

リュックを部屋に置いて休憩してから
大浦天主堂の見学に向かいました

by ruru-club | 2018-12-03 00:15 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
長崎ひとり旅へ ② 「日本26聖人殉教地」「洋館巡り」
空港から長崎駅バスターミナル着
まずは駅から近いはずの「日本26聖人殉教地・記念館」へ

舟越保武さん制作の26人の殉教聖人記念碑を見たくていたのです
e0335926_22044743.jpg


e0335926_22062311.jpg


e0335926_22150874.jpg


記念館の中には当時の資料や遺品が
たくさん展示されていました

舟越保武さんのスケッチ画
e0335926_22181322.jpg


「高山右近像」舟越保武さん制作
e0335926_22190065.jpg


e0335926_22183521.jpg



e0335926_22184606.jpg
26聖人の殉教の様子の壁画
実際に流れる血を拭いた布が保管されていました
メキシコのクエルナバカ大聖堂の壁画になっているそうです


2階に上がると
e0335926_22360086.jpg


e0335926_22362542.jpg



e0335926_22363665.jpg
色々考えさせられた記念館でした




e0335926_23023710.jpg
この後は海辺を通ってグラバー園の方向へ・・・と
歩き出したところがまるで反対

途中で地元の方に尋ねてわかり方向転換
e0335926_23155876.jpg


e0335926_23153868.jpg



e0335926_23135771.jpg



長崎美術館
e0335926_23164025.jpg
隈研吾さんの設計の長崎美術館



e0335926_23173215.jpg


e0335926_23205384.jpg



e0335926_23232929.jpg



ここがオランダ坂でした
e0335926_23235870.jpg



e0335926_23251219.jpg



e0335926_23254493.jpg


「東山手甲13番館」
e0335926_23281922.jpg



e0335926_23283777.jpg



e0335926_23291305.jpg



e0335926_23292804.jpg



e0335926_23301158.jpg




「東山手12番館」
e0335926_23312191.jpg



e0335926_23325246.jpg



e0335926_23333751.jpg



e0335926_23332578.jpg



e0335926_23334723.jpg



e0335926_23343882.jpg



e0335926_23344841.jpg



e0335926_23350749.jpg




e0335926_23354322.jpg



e0335926_23362160.jpg


「東山手洋風住宅群」
e0335926_23363137.jpg



e0335926_23403519.jpg



e0335926_23420469.jpg



「ツグミ」のようですが。。。?
e0335926_23434776.jpg



e0335926_23453587.jpg



e0335926_23454304.jpg



e0335926_23460153.jpg


この後「グラバースカイロード」が見えてきて
乗り方が分からず、地元の方に尋ねて一緒に乗りました
e0335926_23483429.jpg
こんなのぞき窓をいくつか通り過ぎて下車



e0335926_23491670.jpg
「グラバー園に行くなら、こっちのエレベーターにも乗らないと・・・」
一緒についてちょっと先のエレベーターに乗り換え
降りた場所からの眺めが素晴らしい~!

「ここからのグラバー園は上の方で中に入ってずっと下って行くと
大浦天主堂がありますよ・・・」親切に教えてくださいました

by ruru-club | 2018-12-02 00:20 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
長崎ひとり旅へ ①
JALの「どこかにマイル」で長崎1泊旅行に行ってきました
10月で無効になってしまう5000マイルがあって思案中の時に
6000マイルで国内どこかの空港「往復航空券キャンペーン」

4か所の空港の候補があって
申し込んだ後でどこの空港になるかの発表があるのです
まるでゲームのようです101.png

最初の候補地は真っ先に帯広空港
11月の帯広は何の楽しみもないので却下
第1希望は長崎なのです
e0335926_20434172.jpg

どんどん進んで行くとやっと長崎が出てきました
旭川・青森・長崎・福岡

う~~ん150.png 青森になったら今の時期ちょっと困るかな・・・
と思いながら申し込みを済ませました

日程は仕事が休みの28日からです
申し込んだ翌日、「長崎空港」決定のお知らせが来ました178.png
e0335926_20450059.jpg


~~~~~~~~~~


朝7時25分発の便で客席はガラガラ
右側の通路側の席のはずが窓側が空いていました

途中に操縦士さんのアナウンス
「・・・左側に富士山、右側に浅間山が見えます・・・」
左を見ると一斉に窓に向けてスマホのカメラを向けてる

ガラガラなのが幸いで、カメラを持って空いている左の窓側に移動
e0335926_20070190.jpg
美しい風景が広がっていました



e0335926_20344549.jpg



自分の席に戻ると浅間山らしき真上を飛行中
e0335926_20352958.jpg




e0335926_20360157.jpg




途中で海??と思ったら・・・琵琶湖のようでした
e0335926_20365212.jpg



いよいよ長崎空港に着陸です
e0335926_20383464.jpg


準備不足で到着した長崎でしたが
充実の2日間を過ごしてくることが出来ました
e0335926_20472450.jpg


by ruru-club | 2018-11-30 20:52 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
石山寺
山門の向こうが良い感じです
e0335926_10223408.jpg



e0335926_10251455.jpg



e0335926_10252593.jpg


エナガ集団が飛び交っています
e0335926_10274554.jpg



e0335926_10272235.jpg



e0335926_10254303.jpg



e0335926_10234641.jpg



e0335926_10260407.jpg



e0335926_10292851.jpg



e0335926_10291350.jpg



ここで石山寺の拝観料を払って中へ
ここに辿り着くまでも右に左に楽しめる道で期待が高まります
e0335926_10304503.jpg



e0335926_10295292.jpg



入ってすぐの急階段を上ると
e0335926_10342906.jpg



正面にむき出しの巨大な石山があって
e0335926_10373276.jpg


その奥に
e0335926_10354043.jpg


左側
e0335926_10362763.jpg



右側
e0335926_10375414.jpg



この右から階段を上って本堂に
e0335926_10404032.jpg



e0335926_10405014.jpg


上ってすぐのところに源氏の間がありました
e0335926_10463519.jpg


ここで源氏物語が書かれたようです
e0335926_10455358.jpg


e0335926_10442093.jpg



e0335926_10414685.jpg



e0335926_10420335.jpg



本堂の中は撮影禁止です
e0335926_10434719.jpg



e0335926_10433728.jpg



e0335926_10444939.jpg



e0335926_10502566.jpg



見事な藁葺屋根でした
e0335926_10540104.jpg



e0335926_10525313.jpg



e0335926_11013653.jpg



琵琶湖を眺める見晴らし台でしょうか?
e0335926_11022069.jpg



e0335926_11025844.jpg



e0335926_11033462.jpg



どんどん上っていきます
e0335926_11050755.jpg



また石山が見えてきました
e0335926_11060292.jpg



e0335926_11062919.jpg



この中腹に紫式部像がありました
e0335926_11072736.jpg



e0335926_11074635.jpg



両脇のかわいいわき役を眺めながら下ります
e0335926_11092278.jpg


おしゃれなネックレス
e0335926_11082734.jpg



e0335926_11093630.jpg



e0335926_11101149.jpg



e0335926_11102150.jpg



e0335926_11110851.jpg



フジバカマ
e0335926_11113600.jpg



e0335926_11120432.jpg



振り返ると繊細な滝が
e0335926_11123929.jpg



この赤い実の木があちこちに
e0335926_11133439.jpg



ニシキギ
e0335926_11141870.jpg



e0335926_11144676.jpg



e0335926_11151212.jpg



オトメサザンカ
e0335926_11153945.jpg



e0335926_11160127.jpg



巨大シダが一面に
e0335926_11164332.jpg


花の少ない今の季節なのに
なんと風情のある庭園なのでしょう
e0335926_11172513.jpg



e0335926_11185433.jpg



e0335926_11210354.jpg



そろそろ帰る事にしましょう
e0335926_11201708.jpg
再び本堂から下ります



e0335926_11230671.jpg



e0335926_11214490.jpg



e0335926_11204683.jpg



e0335926_11240268.jpg



e0335926_11245321.jpg



e0335926_11242152.jpg


今まで知らなかった石山寺、とても好きなお寺でした
e0335926_11292436.jpg
買ってきたこの本読みながら
京都駅から新幹線で帰宅しました




by ruru-club | 2018-11-08 11:36 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
大津の「三井寺」へ
3日目は大津の「三井寺」へ
e0335926_22340335.jpg



e0335926_22352822.jpg



e0335926_22351768.jpg



e0335926_22361513.jpg



三井寺の鐘
e0335926_22375843.jpg


弁慶が引っ張ったと言う伝説の鐘
e0335926_22384329.jpg


奥の窓からの風景
e0335926_22391904.jpg



インド孔雀
e0335926_22404288.jpg



e0335926_22413024.jpg



e0335926_22424527.jpg



e0335926_22430937.jpg



e0335926_22432034.jpg



e0335926_22434791.jpg



お茶タイム
e0335926_22440237.jpg



休憩の後は琵琶湖のビュースポットへ
e0335926_22444671.jpg




e0335926_22461058.jpg
もっと上に展望台があるようです




e0335926_22463272.jpg


湖畔に見えるブルーは琵琶湖ホールでしょうか?
e0335926_22485018.jpg



e0335926_22490187.jpg



左側の山頂にはロープーウェイが見えます
e0335926_22512988.jpg
比叡山のようです




e0335926_22530719.jpg



e0335926_22533439.jpg
まだ三井寺全体を歩いた訳ではないけれど
ここまでで大満足して次の「石山寺」に向かいます


e0335926_22555433.jpg


琵琶湖疏水
e0335926_22564349.jpg


江ノ電にそっくりの2両列車
e0335926_22552659.jpg



やはりブルーに見えたのは「琵琶湖ホール」でした
e0335926_22573771.jpg



e0335926_22575263.jpg



終点の「石山寺駅」から川沿いに歩きます
e0335926_23001178.jpg



e0335926_23010790.jpg



ここで昼食をいただいてから
e0335926_23005981.jpg


石山寺の月の里酒房の純米吟醸
辛口で美味しい
e0335926_23072566.jpg


湯葉定食
e0335926_23062258.jpg


しじみ釜飯
e0335926_23123789.jpg



食後の珈琲はカフェコーナーで
e0335926_23132136.jpg



売店で買った名物の「走り井餅」をデザートにいただいて
e0335926_23133351.jpg



e0335926_23162847.jpg
さぁ~石山寺の見学です

by ruru-club | 2018-11-07 23:22 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
姫路城
好古園から姫路城へ向かいます
e0335926_22023424.jpg


姫路城 世界遺産登録25周年の垂れ幕
e0335926_22024587.jpg



e0335926_22032400.jpg


どこから見ても美しいお城です
e0335926_22053957.jpg


e0335926_22060560.jpg


e0335926_22065659.jpg


ずっとカメラを向けたくなる姿です
e0335926_22071777.jpg



e0335926_22074724.jpg



e0335926_22091251.jpg



正面は姫路駅
e0335926_22225213.jpg




e0335926_22174467.jpg



e0335926_22112128.jpg



e0335926_22162082.jpg



e0335926_22165476.jpg



e0335926_22170777.jpg



e0335926_22190682.jpg



e0335926_22192443.jpg



e0335926_22193880.jpg



e0335926_22201763.jpg




e0335926_22202757.jpg



e0335926_22204895.jpg



e0335926_22210811.jpg


by ruru-club | 2018-11-07 22:27 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
姫路 「書写山」~「好古園」
2日目は姫路城の見学の前に「書写山」へ
姫路駅前から書写山行きのバスに乗って
ロープーウェイで山頂へ向かいます
e0335926_11455088.jpg


書写山「園教寺」入り口から20分ほど山道を登ります
e0335926_11510630.jpg
ほとんどの方はここからバスに乗っていましたが
私たちは当然、山道を楽しむつもりで歩きます


けれど、その山道がつまらない・・・
ちょうど高尾山に行って歩いた山道もそうだったなぁ。。。
e0335926_11512410.jpg



e0335926_12002286.jpg


本堂
e0335926_11590205.jpg



e0335926_12003528.jpg


e0335926_12014436.jpg



e0335926_15350675.jpg



e0335926_15352542.jpg


綺麗そうなお庭・・・と覗き込んでみたら
何の手入れもされていない様子です
e0335926_15365694.jpg


広い山の中の敷地が荒れていてお手入れが
追いつかないのか気にならないのか。。。
e0335926_15374073.jpg
ここから登って来た山道を下って姫路城に向かいます



e0335926_15425363.jpg



姫路城近くでバスを下りたら目の前が「好古園」
寄ってみることにしました
e0335926_15590589.jpg


庭園の中のレストラン「活水軒」
e0335926_16003844.jpg


こんな美しい庭園を見ながら昼食をいただけます
e0335926_16012030.jpg



e0335926_16035000.jpg



e0335926_16032651.jpg



e0335926_16050409.jpg




e0335926_16065270.jpg



e0335926_16081007.jpg



e0335926_16082763.jpg



e0335926_16084105.jpg



e0335926_16183893.jpg


バケツをたたく音が聞こえてきました
鯉のお食事の時間のようです
e0335926_16093283.jpg



庭園の苗を育てている場所
e0335926_16105584.jpg


日本庭園でこのような場所は初めて見るような気がします
e0335926_16194378.jpg



e0335926_16125545.jpg



e0335926_16131402.jpg


どこを歩いても美しく、よくお手入れがされています
e0335926_16123262.jpg



e0335926_16143638.jpg



e0335926_16151573.jpg



e0335926_16153352.jpg
ゆっくり散策した後で姫路城の方にまわります

by ruru-club | 2018-11-07 16:25 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
  

ruruの庭と日頃の出来事をつづります♪
by ruru
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
mmiimaさん、おはよ..
by ruru-club at 10:50
おはようございます。 ..
by mtake-0618 at 06:44
KIRAKOさま、こんば..
by ruru-club at 22:53
ruruさま こんばん..
by KIRAKO at 21:16
杏さん、正にあの「エリカ..
by ruru-club at 17:00
素敵な出会いたっぷりのL..
by 杏 at 11:30
チョコぴーさん、何すんね..
by ruru-club at 23:14
パパさんも鳥さんが気にな..
by チョコぴー at 21:06
チョコぴーさん、1月のレ..
by ruru-club at 21:56
今年もさっそく素敵なレッ..
by チョコぴー at 21:00
最新の記事
エリカのリース
at 2019-01-16 20:49
Lucy Grayで出会った..
at 2019-01-15 22:01
鳥の巣作り
at 2019-01-15 00:07
水天宮と「ウイーン万国博覧会..
at 2019-01-13 23:04
新入り「ミモザ」と小鳥
at 2019-01-12 22:56
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
最新のトラックバック
ブログジャンル
花・ガーデニング
旅行・お出かけ