カテゴリ:絵本・本( 30 )
旅行準備と本
明日から10日間旅行に出かけてきます
昨日はその準備始め
ユーロ両替のついでに近くのヤマハへ

ヤマハで興味ある本によく出会う
昨日の購入の本は3冊
e0335926_21251033.jpg
会計中に奥の棚にウイリアム・モリスの紙が見える
もしかしてブックカバー?

会計のスタッフさんにお尋ねすると
ヤマハからのメール情報の登録をすると時々プレゼントがあるのだとか
これが欲しいばかりにその場で登録

3種類の柄から「赤いイチゴ泥棒」をいただいてきました
e0335926_21252160.jpg
青いのは前に八ケ岳のベルデさんで買ったブックカバー
お気に入りです178.png


今回は旅行会社のツァーではなかなか行けない
イタリアのトスカーナ地方のルッカと言う街に行ってきます

ちょっと前まで知らない街だったのが
T子さんが貸してくれた「ルッカの幸せな料理から」を開いてみたり
オペラ作曲家のプッチーニがルッカ出身なことを知ったり
e0335926_21253365.jpg
長崎の旅行で行ったグラバー園がプッチーニの「蝶々夫人」の舞台で
プッチーニの像をルッカから贈られていたのを見たり
急に身近に感じられる街になりました

ガイドブックにルッカの詳しい情報は載っておらず
ちょっと前に買った「暮らすように旅するフィレンツエ/トスカーナ」
フィレンツエからローカル電車に乗ってルッカに出かけて
約20ページの案内をコピーして持参

音楽家の伝記シリーズの「プッチーニ」
最初にルッカでの生活が詳しく書かれていました


by ruru-club | 2019-02-23 21:25 | 絵本・本 | Trackback | Comments(2)
二子玉川で「MAGIC HOUR」展
二子玉川のTUTAYAで「MAGIC HOUR」フェア中
1日の中で最もドラマチックに空の色が変化する時間帯のことを
「MAGIC HOUR」というのだそうです

その瞬間を追って素晴らしい写真を撮り続けている
写真家の吉村和敏さんの写真展が開催中と知って行ってきました

建物に入ってすぐの所に案内があり
吉村さんの写真集が置かれていました
e0335926_23513695.jpg


2階の奥に吉村さんコーナーがありました
「MAGIC HOUR」「BLUE MOMENT」「MORNING LIGHT」
の中から大小の写真が展示されていました
e0335926_23515656.jpg
店内にはたくさんの人がいたけれど
ここを見る人は少なく、ゆっくり見せていただきました

ここにスタッフの方は誰もいなくて
写真が欲しい方は注文して後日届くようになっていました

この日は時間の余裕があったのでゆっくりと興味ある本を探すつもりでした
ちょうど写真展のまわりは旅行関係の図書コーナー
日本の秘境の写真集を開いてみたり
気になる街や国の本を手に取って開いてみたり

あちこちに椅子とテーブルがあり
1人3冊の本を持ち込んで良いことになっていました

さてその3冊を探しましょう
旅行雑誌の「イタリア」フィレンツェ周辺の特集していた過去の「クレア」
ローランさんのブーケの作り方の美しい写真の本
寺田直子さんの「フランスの美しい村を歩く」

フランスの小さな村のガイドブックはなくて
フランス旅行の村巡りの時は吉村和敏さんの本が参考書でした
また違った視点からのを見てみましょう

このシステム素晴らしい179.png
湘南T-SITEのTUTAYAにはたまに行っても
いつも時間に追われ座ってゆっくり見たことはなかった

ファミリーマートで100円コーヒーを買ってきて
テーブルに置いて3冊の本を順に開いてみます

まずは「クレア」フィレンツエと近郊の街(村?)
美しい風景を楽しみザーッと見るともう満足

次はローランさんのブーケの本
いつも華やかで豪華な花束を作られるローランさんの世界
鳥の巣ブーケの作り方が載っていて気になったけれど
ゆっくりそのページを見つめて満足
時間がない時に巡り合うと会計に向かっていたかもしれないな。。。

3冊目の「フランスの美しい村を歩く」
「コンク」からスタートして「エギスハイム」「サン・シル・ラポピー」
「コロンジュ・ラ・ルージュ」「リクヴィル」「ゴルド」
「ルールマラン」「チュレンヌ」「メネルブ」「ヴナスク」
「アンスイ」「ボニュー」「モン・サン・ミッシェル」
どこも訪れたことのある村です

プロローグから目次までは小鳥が案内してくれます
吉村さんの本は「フランスの美しい村」全踏破のために
ひとつの村の案内が写真を入れて1ページとわずかでしたが
寺田さんは「コンク」だけで8ページあって、ゆっくりと案内してくれます
女性の視点での文章と写真がすごく良いのです
この本は購入することにしました

帰り支度をして読んだ本をその場所まで2か所に返しに行って
会計はどこ~? 見つからない・・・何しろ聞くにも店員さんがいない

小物売り場の側に見つけて行ったら
右奥を指さされ、「向こうのレジに行ってください」

はいはい・・・そのレジが見つからない
ずい分歩いても分からず、やっといた店員さんに「レジはどこですか?」
一番近い所と案内されたのは最初に行ったレジ
結局1周してきたのです

会計を探すのも大変だったけど、トイレはついに分からないまま145.png
3時間ほどTUTAYAで過ごしたけれど
田舎から出て行ったおばさんには都会のシステムは難しい~148.png

帰りに必要な楽譜を買いに寄った横浜ヤマハ
ヤマハでは音楽関連の面白い本に良く出会います

今回もすぐに目に留まったカズオ・イシグロさんの「夜想曲」
音楽と夕暮れをめぐる五つの物語とあり
目次を開くと第五話は「チェリスト」

第一話はベネチアが舞台の「老歌手」でその日の就寝前に読みました
さすがにノーベル賞受賞された方の文章でした

もう一冊はちょっと前に杏さんからお借りして読んだ本
著者のサイン入りの本を見せていただいたのです

人生100年時代”最強の習い事”「そうだ!音楽教室に行こう」
e0335926_20124604.jpg
表紙の絵も面白いけど中に書いてあることが面白くて
手元に置いておきたい本だったので購入しました

今までを振り返っても、大きな本屋さんよりも
小さな楽器店ヤマハで、興味ある本に巡り合って購入することが断然多い172.png

by ruru-club | 2019-02-10 20:48 | 絵本・本 | Trackback | Comments(2)
最近の読書
福岡伸一さんの「ルリボシカミキリの青」
買ってすぐにルリボシカミキリの所だけ拾い読み

今日これからBSでその福岡伸一さんが出演される情報をいただいて
眠らないようにブログに向かっているところです
e0335926_22274891.jpg
地区センターで見つけた
カズオ イシグロさんの「わたしを離さないで」
ちょっとショックなお話

少し前、クラシカジャパンでヘンデルのイギリスでの活躍ぶりを
当時の背景で映画のようにやっていました
「オラトリオ」はその頃の作品のようです
確か発表できる場がなくて考えた末に孤児院で初演し大成功を収めるのです

自分の作曲した曲を孤児院で発表していく
画家の作品も孤児院に展示
貴族たちが孤児院に莫大な寄付をするようになるのです

読みながらずっとその映画とダブってしまいました

「わたしを離さないで」を読み終わってから福岡さんの本に戻って
最初から目を通すと、どのページも読みやすくて面白いのです
機会があったらまた別の本を読んでみたいと思います


先日のhanautaさんの玄関先フリマで見つけた
「フジコヘミング 魂のピアニスト」50円

この方は今まで、あまり関心が無くていたけれど
今年になって、やはりクラシカジャパンのドキュメントで見て
もっと知りたい・・・ピアノを聞いてみたい・・・と思っていたところです
ちょうどタイミングよく本に出会いました


そして吉村和敏さんのエッセイ集
e0335926_23221588.jpg


今読んでいるのはこれです
e0335926_22353174.jpg

by ruru-club | 2018-08-18 23:58 | 絵本・本 | Trackback | Comments(0)
「パリのサロンと音楽家たち」と「かたあしの母すずめ」
一昨日ポストに入っていたレターパック
中には抽選であたった本が入っていました
e0335926_22250657.jpg
一気に読む時間が取れないので就寝前のお楽しみです

ショパンやリストが活躍した1820年代のパリ
当時のサロンの様子がよくわかります

サロンが開かれていた貴族たちの館の場所が
当時の地図に書かれていて
4月に歩いた場所や宿泊ホテルの側にもその館がありました

当時の新聞や手紙なども紹介されていて
とても興味深い内容です



~~~~~~~~~



先日の地区センターに紹介されていた新書
椋 鳩十・作  大島妙子・絵
e0335926_22243631.jpg

予約をすると2人目ということで、今日借りることが出来ました
友人のベランダに1本足の子スズメが餌を食べに来ているのを知ったばかり

この絵本は片足のお母さん
ちゃんと巣作りをして卵を温めて雛を孵すのです

あの子スズメもきっとしっかり生きていけることでしょう
ホッとしました

色々な出来事、それを見守る人
読んで感動でした162.png 
手元に置いておきたい絵本でした


by ruru-club | 2018-07-03 22:50 | 絵本・本 | Trackback | Comments(2)
園芸ガイドとマリーさん
発売中の園芸ガイドに八ケ岳のイゾルデさん他の
ガーデンが載っている事を知って買ってきました

付録がふたつ付いていました
ひとつは有島薫さんのお庭で育てている鉢バラの育て方の冊子

もうひとつは吉谷桂子さんのデザインの園芸用マット
e0335926_21403748.jpg
このマットは優れものです
本来はこの中で鉢植えの植え替えをすると汚れなくて便利

けど見た瞬間、ドライフラワーの作業するのに便利だなぁ~
今日は終わりがけの「アカツメクサ」を摘んで来てここに一時保管


園芸ガイドの中にイゾルデのオーナーシェフの写真・・・この姿去年見ました
牧場通りのファーマーズマーケットに出店されていて
いつものシェフ姿よりずっと似合っていて生き生きしていたのでした
e0335926_21412029.jpg
右に見えているのはシェフが作った作業小屋
作業小屋のことをガーデンシェッドと言うのですね

シェフが連れて行ってくれたY田さんのお庭も載っていました
奥様がとっても素敵なガーデンスタイルで載っています
e0335926_21405573.jpg
とっても素敵な八ヶ岳の暮らしです


奥様がシェフに頼んで作ってもらったガーデンシェッドも載っています
e0335926_21410332.jpg


もう1軒横浜から移住したY澤さんのガーデン
去年はお留守中に案内してもらいました

広くて眺めの良いお庭でした
ここに載っているフェンスもシェフの手作りでした
e0335926_21411219.jpg

やはりプロの方の撮られる写真は美しいです

ちょうど去年行った時に主婦の友社の取材が来ていたのでした
その時のお庭のシーンが蘇ってきます



~~~~~~~~~~



昨日の雨の前に「マリー」さんを切って花瓶に飾りました
e0335926_21480400.jpg



e0335926_21461079.jpg



咲き掛けは淡いピンクでしたが昨日はグレーがかった白でした
e0335926_22502333.jpg



e0335926_22520880.jpg



e0335926_22534100.jpg

by ruru-club | 2018-05-24 22:59 | 絵本・本 | Trackback | Comments(2)
ドレミファどうぶつコンサート
地区センターで借りてきた絵本「ドレミファどうぶつコンサート」
まだ新しい絵本で借りるのは二人目です
e0335926_23462347.jpg
じゅうごやの まんげつを おいわいする コンサート
15の プログラムで いろいろな アーティストたちが しゅつえんしますよ
さあ そろそろ はじまりです


~~~~~~~


4分音符のドからコンサート物語が始まります

今風な語りで、ユーモアたっぷりに
それでいて本格的なコンサートプログラムが登場するのです

ビゼーの『カルメン』からアリア「ハバネラ」
ベートーヴェン「月光」
ヴェルディのオペラ『つばきひめ』から「かんぱいのうた」
ファイナルファンタジーメドレーやバッハのカンタータ
レスピーギの「とり」まであります

そんな中で驚いたのはソで始まるお話
オペラ「ナクソス島のアリアドネ」から アリア「いだいな おうじさま」
e0335926_23533604.jpg
「ヤーコン会」の旅行仲間4人が5年半ほど前
ザルツブルク音楽祭に行って来ました

T子さんが音楽祭のコンサート事前申し込みに数曲応募してくれて
そのなかでリヒャルト・シュトラウスのこのオペラ「ナクソス島のアリアドネ」
モーツアルトの「魔笛」のチケットが手に入ることになったのです
そのおかげで「ヤーコン会」4人の旅行が実現したのでした

帰国してからNHKBSプレミアムでも放送されました

T子さんが用意してくれた50年ほど前の
カールべームの指揮のオペラDVDで予習までしていったのに
そのアリアの記憶が全くありません145.png
今では大ファンの「カウフマン」の歌も記憶から飛んでしまっているのです145.png

とても面白い絵本だったのでAmazonに注文しました

もう1冊、石狩川の表紙の写真にひかれて借りてきた「岸辺の旅」
作者の湯本香樹実さんは知らない方・・・と思っていたら
大好きな絵本「くまとやまねこ」の作者さんでした


~~~~~~~~~~


最近、Book:offで見つけた本
ページをめくるとヴァイオリンのお話から始まっていました

さだまさしさんの自伝かと思って購入したら
さだまさしさんの書かれた小説でした

さだまさしさんが小説を書かれている事を今まで知らずにいました105.png
e0335926_21203939.jpg
主人公のヴァイオリニスト志望だった亡くなったお父さんの
残された形見のヴァイオリンの作者を求めて
イギリスの湖水地方を旅するお話

ワーズワースの詩に出てくる茨の木も同時に探すのです

ちょうど旅行で訪ねた場所だったこともあって
すごく面白く楽しめました♪♪
他の作品も読んでみたいと思いました178.png

by ruru-club | 2018-01-24 21:52 | 絵本・本 | Trackback | Comments(0)
湘南T-SITEで出会った本
「BIRDER」1月号をNET注文する前に
大きな書店に行ってみましょう
ここなら絶対にあるはず・・・と向かったのは「湘南T-SITE」

しかし売り切れではなく元々扱っていないとのことでした148.png
3棟の大きな建物の本屋さん「蔦屋」なのに?

ここはいつも感心する品揃え
今日は園芸書コーナーで山ほどの本を手に取って
絵本のコーナーでも酒井駒子さんの絵本があちこちに見つかり
手に取って楽しみました

今地区センターから借りている本2冊
e0335926_23302336.jpg


こんなコーナーがありました
e0335926_23212208.jpg
とっても素敵なドライのリースやスワッグが飾られ(売られ)ていて
その近辺にドライの作品集他、関連本がいっぱい
たくさんの中から見つけた「栗城三起子」さんの本
e0335926_23333802.jpg

自然と向き合いながら、季節感を大切に考える作者さん
クサボタンのリースが時間が経って羽毛状にふわふわになっていく姿
なんだかドキッとしてしまいました
e0335926_23433696.jpg

「草むらリース」と名付けられたリース
e0335926_23435885.jpg
どのページも共感するシーンだらけです



~~~~~~~~



最近の夢中になっている本
e0335926_00001700.jpg
「ベートーヴェン」・「モーツアルト」・「ハイドン」・「シューベルト」
ウイーンの住んでいた家の写真とともにその背景の出来事
一度目を通しているはずなのに、新たに知る事がたくさんです


ちょっと前にはこの2冊
「つぼみ」は地区センターの新書です
e0335926_00044275.jpg

本屋さんで待ち合わせた時に杏さんが見つけた本
ルルのそっくりさんが乗っかっているのです
e0335926_00071252.jpg


ウイーンの自由時間ではこの本がとても参考になり
帰ってからいっそう楽しめた本たちです
e0335926_00092118.jpg


~~~~~~~



今日のダイニングの窓から「ポンポン・ド・パリ」
e0335926_00152569.jpg

ポツポツと返り咲きするかわいいバラ
e0335926_00160241.jpg

by ruru-club | 2018-01-05 00:20 | 絵本・本 | Trackback | Comments(4)
今日届いた本と新聞
趣味の合う友人たちの情報はとても貴重
ひとりではとうてい目にすることは出来ない本に出会う事がしばしばです

最近八ケ岳の「ハーブスタンド」さんのお勧めの本が気になり
すぐにAmazonに注文した本が先ほど届きました

「ブーケとリース」 Kazumi Hirai
e0335926_13245644.jpg

ネットだけで注文すると期待外れのこともありちょっと危険
けれどKIRAKOさんがお好きなものはruruも好きなことがほとんど
e0335926_13250568.jpg
どのページのブーケもリースもすごく素敵
写真も美しく、何度でもページをめくって楽しめそうです



~~~~~~~~



今朝の東京新聞の朝刊
「言わなければならないこと」のシリーズの100回目
86歳になった映画監督の山田洋次さん
e0335926_13310886.jpg
普段政治には無関心なruruですが、すごく考えさせられました



たまたま昨日から読みだした本
e0335926_13513138.jpg
地区センターで紹介されていた本のリクエストが回ってきました

北海道に住んでいた時の新聞は「北海タイムス」
その「北海タイムス」が無くなってしまって(倒産?)
帰って目にするのは「北海道新聞」でした

ちょうど新聞記者希望の主人公が整理部に配置され
見出しやレイアウトの描写があったところ

山田洋次さんの内容にすごく共感しながら
主人公の姿がダブり、ついつい見出しや配置に注目してしました


by ruru-club | 2017-09-19 15:00 | 絵本・本 | Trackback | Comments(2)
「草」「花」「木」「母」
地区センターの仕事帰りに見つけた本「草花たちの静かな誓い」
タイトルにひかれて借りて読み始めた時に母の容態悪化の連絡

すぐに航空券の手配をして
友人との約束や数日間のレッスンのお休み連絡を済ませて

出がけにポストに届いていたAmazonから封書をバッグに詰めて出発
「草のリース・木のリース」が入っていました
電車の中、飛行機の中で「草木リース」を見て過ごし
e0335926_12102365.jpg
旭川空港に到着した時、母が息を引き取ったことを知りました
最期まで苦しまずに穏やかな死を迎えたようでした
先月末に母に会いに行けて本当に良かった・・・


by ruru-club | 2017-08-29 13:11 | 絵本・本 | Trackback | Comments(10)
「森のリース、森の恵み」&「花のあと」を集めて
昨日、杏さんが貸してくださった2冊の本
e0335926_22372880.jpg
「花のあと」の表紙はクレマチスの花のあとのモジャモジャ
「森のリース、森の恵み」は秋に森を歩くと気になる物ばかり
全ページに目を通して一息

最近、道路わきに「エノコログサ」がかわいくなびいている
摘みに行ってきましょう~っと
e0335926_17535610.jpg
ビニールバッグにハサミを入れて出発

静かな遊歩道はワンちゃんたちの社交の場
いっぱいオ○○コがかけられていそうだし、すれ違う人に不審者に
思われてしまいそうだから

あえてバス通りを行ってみました
「エノコログサ」だけではなく
もっと大きいアワのような「オオエノコログサ?」も
e0335926_17593402.jpg


e0335926_18002478.jpg


病院の駐車場には「アカツメクサ」も
e0335926_17570098.jpg



e0335926_18005495.jpg



今日は二人が帰って静かになって
「オオエノコログサ」をもっと摘んできましょう
e0335926_17594948.jpg


by ruru-club | 2017-08-20 19:01 | 絵本・本 | Trackback | Comments(0)
  

ruruの庭と日頃の出来事をつづります♪
by ruru
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
omphalodesさま..
by ruru-club at 00:01
ruruさま こんばん..
by omphalodes at 23:23
KIRAKOさま、おはよ..
by ruru-club at 09:48
ruruさま こんばん..
by KIRAKO at 23:05
チョコぴーさん、ローザン..
by ruru-club at 21:21
ローザンベリーさん、名前..
by チョコぴー at 16:56
杏さん、クンクンしてみた..
by ruru-club at 12:30
アフロディーテさん、私が..
by 杏 at 07:27
KIRAKOさま、おはよ..
by ruru-club at 10:42
ruruさま こんばん..
by KIRAKO at 23:28
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
最新のトラックバック
ブログジャンル
花・ガーデニング
旅行・お出かけ