カテゴリ:イタリア旅行( 36 )

北イタリア旅行 ⑨ ヴェローナ アレーナでコンサート♪

8月11日(日)21時45分開演
カール・オルフ「カルミナ・ブラーナ」を聞いてきました

早めに行くと行列
セキュリティチェックがありました
e0335926_13271437.jpg


e0335926_13272551.jpg


e0335926_13280341.jpg


e0335926_13280966.jpg


e0335926_13284457.jpg


e0335926_13285163.jpg

車椅子に乗った指揮者がやってきました
トリノ出身の指揮者で8年前に筋萎縮性側索硬化症を発症した
エズィオ・ボッソと言う方のようです
e0335926_13293360.jpg


合唱団も複数で迫力がありました
前列の合唱団は子供たち
歌いだした時間を思わずみてしまいました
10時45分
e0335926_13302950.jpg


終り近くの光景
e0335926_13310383.jpg


e0335926_13314814.jpg


e0335926_13314346.jpg
指揮者:Ezio Bosso エズイオ ボッソ
ソプラノ:Ruth Iniesta
コントラテノール:Raffaele Pe
バリトン:Mario Cassi
e0335926_13322256.jpg
2万人もの人が一斉に退場するのは大変なことでしょうから
ちよっと早めに退場


e0335926_13322860.jpg
広場に出ると後ろからカルミナ・ブローラの口笛が聞こえてきました102.png
すっかりその気分でお帰りのようです162.png

昔々「寅さん」の映画の後
やっぱりこうやって口笛吹いている人がいたなぁ~104.png


by ruru-club | 2019-08-22 22:16 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア旅行 ⑧ ヴェローナ 汽車ポッポに乗って

ボルツァーノ駅からローマ行きの特急に乗って約2時間
ヴェローナに到着です

猛烈な暑さの中、ホテル探しから始まりました
ネットでホテルを探して予約したのはずっとずっと前の事

ヴェローナはちょうど古代ローマ劇場アレーナで
「Arena di Verona Opera Festival 2019」の期間中
e0335926_13003625.jpg
滞在中にオペラの公演はなく、オルフの「カルミナ・ブラーナ」の
チケットをT子さんが購入してくれています
開演が21時45分なのでアレーナから近いホテルが条件です

なんとかなるさ・・・の二人だからホテル名だけが手がかり
駅のインフォメーションのバイトらしき若者では分からず
近辺の別なホテルのフロントで尋ねて
「道路向こうに見えてるあそこ・・・」と指をさされ
e0335926_11524659.jpg
確かにいくつかのプレートの中に宿泊ホテルの名前もあったけれど
入り口のドアはびくとも動かない

そこへ中に入る方がいらして一緒に中へ
e0335926_11530683.jpg
この方達も宿泊客でした



e0335926_11580385.jpg


e0335926_11574177.jpg



e0335926_11575760.jpg


無事に部屋へ通されホッとしました
e0335926_00024841.jpg


e0335926_00031667.jpg


e0335926_00032885.jpg


一休みして夜のアレーナの公演前に街散策に出かけることにします
旧市街の城門まですぐでした
e0335926_12011901.jpg


城門をくぐってすぐに目に入った汽車ポッポ
運転手が乗客の勧誘中
e0335926_12031374.jpg
パンフレットを見ると5ユーロで街の主な観光場所を回ってくれます
では汽車ポッポに乗って出発します==3



e0335926_12115766.jpg


e0335926_12121628.jpg


e0335926_12125625.jpg



e0335926_12132114.jpg



e0335926_12135363.jpg



e0335926_12140635.jpg



e0335926_12141217.jpg



e0335926_12143147.jpg



e0335926_12144382.jpg



e0335926_12150036.jpg


戻ってきました
案内のアナウンスは分からなかったけれどザーッと回れて良かった!
e0335926_12151630.jpg


ここから少し通りを歩いてみます
e0335926_12164635.jpg



この道は一番賑わっていました
e0335926_12193036.jpg


ジュリエットの家がありました
e0335926_12203553.jpg



e0335926_12204221.jpg


e0335926_12204985.jpg

「エルベ広場」
数年前に来た時はこの広場で汽車ポッポに出会いました
「ふ~ん、子供みたいにあんなのに乗りたい人がいるんだなぁ~」
と見ていました104.png
e0335926_12214420.jpg



e0335926_12233534.jpg



ブルンバーゴのプランターが素敵でした
e0335926_12231154.jpg



e0335926_12243258.jpg


中に入ると黒いマリアさま
神秘的で荘厳な空間でカメラを向けることが出来ず
e0335926_12244306.jpg


サン・ジョバンニ・イン・フォロ教会
e0335926_12244860.jpg



ガイドブックに紹介のないこの教会
入ってみて良かったです
e0335926_12260123.jpg



夕食は下見していたこのレストラン
e0335926_12275010.jpg



シーフードパスタと茸のリゾットをシェア
さすがに本場のイタリアのお味です162.png
e0335926_12564052.jpg
食べた後でホテルに戻って着替えてアレーナの公演に向かいます

by ruru-club | 2019-08-22 13:09 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア旅行 ⑦ ホテルの食卓(ドロミアン&プッチーニ)

4泊過ごしたホテルドロミテンはオーナー婦人を中心に
ご主人、お嬢さんがテキパキ動かれてアットホームなホテルでした

おしゃれなオーナー婦人がお庭のお花を摘んで
食卓テーブルを飾ってくれていました
e0335926_22334380.jpg
ここはフロントです



アンちゃんファミリーと一緒の時は豪華な赤バラ
e0335926_11383398.jpg
後でこの赤バラがホテルに咲いているのを見つけました



e0335926_22523166.jpg


その下にはラベンダー
e0335926_13593290.jpg



野の花があちこちのテーブルに見えて気になり
e0335926_22285772.jpg



食事の終わった誰もいないところにそっと忍び込んで
e0335926_11461497.jpg


カメラを向けてお花を楽しんでいました
e0335926_22272526.jpg



e0335926_22291752.jpg


e0335926_22255580.jpg



e0335926_22251210.jpg



赤バラの後に置かれた野の花を窓辺に置いて
e0335926_11465161.jpg
きれいに撮れなかったけれど
アカツメクサやスカビオサがかわいい178.png



お料理がとても美味しかったです
夕食は前菜、メイン、デザート以外は入り口のカウンターから
好きなだけ選んできます
e0335926_00085910.jpg



e0335926_00081735.jpg



e0335926_22133636.jpg


南アルプスの名物餃子「シュルッツ・クラッペン」
中にホウレンソウのような緑が入ってチーズの濃厚さで美味しい
e0335926_00083669.jpg



e0335926_22085999.jpg


メイン料理は肉料理か野菜料理を選びます
e0335926_00244179.jpg



これはセロリの根のフライ
e0335926_22085190.jpg



金曜日は宗教の関係か魚料理か野菜料理に決まっていました
e0335926_00235231.jpg




デザートはティラミスやアイスクリーム、ケーキの中から選びます
e0335926_12002613.jpg



e0335926_12003255.jpg


朝食は卵料理、飲み物のオーダーをして
あとはここから好きな物を選んでいただきます
e0335926_22111343.jpg


このヨーグルトのシャモジを過去にY子さんのご友人が引っかけて
何度かひっくり返しているらしく、気を付ける事!!・・・と注意を受けて106.png
e0335926_22110182.jpg


e0335926_22105439.jpg


ここにりんご、セロリ、人参、しょうがが置いてあり
自分でフェレッシュジュースを作ります
e0335926_22114583.jpg
これがすごく美味しくて感激でした113.png


パンもどれも美味しくてつい食べ過ぎてしまいます
e0335926_22104573.jpg


窓からの山の風景が素晴らしいのです
e0335926_22055668.jpg



~~~~~~~~~~~~~~~~




2月末のルッカの山のCELLEの村のB&Bのお料理の記録を
すっかり忘れていました

B&B「プッチーニ」はレストランにもなっていました
e0335926_12294551.jpg
この時期はB&Bの宿泊者は私たち3人のみ



レストランもお客さんはほとんどなく
e0335926_12171148.jpg
シェフはB&Bのオーナーさん
お料理はご主人ひとりで作られていますが
その手早い料理の味付けや美しさは素晴らしく、天才的でした172.png
e0335926_12184602.jpg



毎回3人分のサラダがドレッシング和えで出てきます
e0335926_12185635.jpg



e0335926_12190611.jpg
何かのお料理コンテストでも入賞されているようです



ヤグルマギクのドライが添えられて
e0335926_12191776.jpg



このパスタの味は忘れられません(絶品!)
e0335926_12200762.jpg



お水はプッチーニの特製瓶入りです
e0335926_12163694.jpg


パン皿からシジュウカラが出てきました
e0335926_12221585.jpg



かわいい~162.png・・・喜んでいると、こんな角皿も出てきました
e0335926_12222776.jpg



ひとつひとつのお料理のことは忘れてしまっています137.png
順番もめちゃくちゃ106.png
e0335926_12242496.jpg



e0335926_12144290.jpg



e0335926_12213100.jpg




e0335926_12151612.jpg




e0335926_12224718.jpg



e0335926_12250121.jpg



e0335926_11285399.jpg



e0335926_12223777.jpg


デザート
e0335926_12225757.jpg



e0335926_12251233.jpg




e0335926_12152797.jpg




e0335926_12193013.jpg


朝食はこのカウンターから取っていただきます
ここでいただく珈琲が最高に美味しかったです
e0335926_12203012.jpg


e0335926_13302043.jpg



e0335926_12231518.jpg

山が大好きなY子さんは来春もここで過ごすため
ボルツァーノ駅で切符を買われていたのです
e0335926_13513829.jpg
次からはヴェローナの記録を書き留めます

by ruru-club | 2019-08-21 14:09 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア旅行 ⑥ 最後のレノン鉄道「ソプラボルツァーノ」

ヴェローナへの移動の日の5日目

いつも素通りのレノン鉄道の始発地点「ソプラボルツァーノ」
Y子さんがスーツケースの荷物番をしてくださって
ロープーウェイに乗るまでの15分間ほど散策させてもらいました
e0335926_23404779.jpg



e0335926_23420808.jpg



e0335926_23421885.jpg

もともとここは保養地
ちょっと歩くと素敵な家や庭が見えてきます
e0335926_23431260.jpg



e0335926_23432288.jpg



e0335926_23431804.jpg


e0335926_23434257.jpg



e0335926_23435331.jpg


e0335926_23440178.jpg


時間があったらゆっくり歩きたい街でした
e0335926_23450996.jpg
ロープーウェイでボルツァーノの街に下り
駅まで移動して始発電車に乗り込みました

Y子さんは3月のルッカへ行くための電車のチケット購入
イタリアやドイツは時期が早いほど安く買えるのだそうです

by ruru-club | 2019-08-20 23:54 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア ⑤ コッラルボの村散策とお祭り

「サンタ・マッダレーナ」の帰り道
e0335926_23344527.jpg


e0335926_23321853.jpg


e0335926_23323522.jpg


餌台にアカゲラがいました
e0335926_23325402.jpg


e0335926_21371890.jpg



e0335926_21372011.jpg



地面にいるのは誰?
e0335926_23332643.jpg


ズアトリのようです
e0335926_21371568.jpg


e0335926_23343650.jpg



壁一面に多肉植物が!
e0335926_23345469.jpg



e0335926_23350691.jpg


e0335926_23351817.jpg


この日は山が霞んでよく見えなかったけれど
その何日か前の写真
e0335926_22325533.jpg



近道の上り口です
e0335926_22333364.jpg


ここに見えるお宅もすごいのです
ガレージの上に黄色いお花がいっぱい・・・実は右側はカボチャの花!
e0335926_22321960.jpg


ちゃんと実もなっていました
e0335926_22411320.jpg


お花の右側の箱を良く見るとミツバチがいっぱい飛んでいました
蜂蜜も自家製なんですね!!
e0335926_22414238.jpg


花の館を下りるとシンプルな素朴な家
e0335926_23371775.jpg


ホテルの夕食は毎日19時からで
帰ってからシャワーで汗を流して着替えて向かいます
この日は30分ほど前にドアがノックされ

村のお祭りでホテル脇をブラスバンドが行進する・・・と
Y子さんが教えてくれました

シャワーが終わってからその行進を探しに外に出たけれど
すでに遠くの方に行ってしまったようです

ふたりで追いかけました
やっと追いついたのは村の高台広場
e0335926_21514323.jpg



e0335926_21513453.jpg



e0335926_21530751.jpg



e0335926_21531301.jpg


すぐ側のステージで別な演奏が始まりました
e0335926_21535055.jpg


e0335926_21553613.jpg


かわいい男の子がじっと聞いていて
e0335926_21562752.jpg


そのうち合わせて踊り始めました♪
e0335926_21560552.jpg



e0335926_21581990.jpg

ここで簡単夕食も良いな・・・と思いながら
とっくに夕食時間が過ぎている
大急ぎでホテルに戻ります
e0335926_21575865.jpg


e0335926_21583348.jpg



e0335926_22005686.jpg


ホテルのレストランは蔦のからまる2階です
e0335926_22010859.jpg



e0335926_22022315.jpg


e0335926_22025157.jpg



~~~~~~~~~~~~~~



翌日の朝、いよいよY子さんとお別れして二人でヴェローナに向かいます
電車は13時過ぎなので朝食の後で村散策
e0335926_22514149.jpg


「ローゼンガルテン」の山で転んで腕を打撲して腫れているT子さんは
Y子さんに手を引かれて降りてきました
e0335926_22521332.jpg



e0335926_22522603.jpg


ホテルのラベンダーや赤バラがきれいです
e0335926_22523166.jpg



e0335926_22543064.jpg



ジャンボ鳥かごアレンジ
e0335926_22552608.jpg


ちょっと下るとお土産屋さんやレストランが
e0335926_22561856.jpg


e0335926_22571500.jpg


仲良く腕を組んであるく老年カップルをよく見かけました
e0335926_22573140.jpg


e0335926_22585036.jpg



民族衣装の女性が昨日の高台に歩いていきます
e0335926_23023104.jpg


付いて行くと楽団員や子供たちで賑わっていました
ベルを首に掛けた民族衣装の子供は
演奏がはじまるよ・・・の合図のようでした
e0335926_23044756.jpg


e0335926_23050761.jpg



とても上手なハイレベルのブラバンでした
e0335926_23054538.jpg


演奏の途中で反対側から別な音楽が聴こえてきて
e0335926_23092136.jpg



昨日の行進していたブラバン隊です
e0335926_23104227.jpg



e0335926_23111275.jpg



e0335926_23112820.jpg



e0335926_23113525.jpg



e0335926_23121521.jpg



中断したブラバン演奏が再開しました
e0335926_23124054.jpg



e0335926_23143563.jpg


そろそろ帰る時間が迫ってきました
e0335926_23145233.jpg



e0335926_23154341.jpg

by ruru-club | 2019-08-19 23:24 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア旅行 ④ サンタ・マッダレーナ

5日目はずっと行ってみたかった「サンタ・マッダレーナ」です

駅に向かって歩き出すと、ジーンズのお水やり女性
この方が作ったのですね!エーデルワイスが生き生き177.png
e0335926_00253619.jpg


駅に近道のこの通りが楽しいのです
e0335926_21410754.jpg



ついつい覗き込んでしまいます
e0335926_21414247.jpg


e0335926_21414889.jpg



e0335926_21415800.jpg



e0335926_21420476.jpg



e0335926_21421083.jpg



今日の電車は開通100周年記念車両です
木で出来ている電車です
e0335926_21455982.jpg


このレノン鉄道は20世紀初めにオーストリア・ハンガリー帝が
夏の別荘への交通機関として建設したそうです
e0335926_21471223.jpg
ロープーウェイの頂上「ソプラボルツアーノ」から「コッラルボ」を
16分で結び車窓はのどかな風景で、コッラルボに近くなると
山の風景が素晴らしくなります


出発前に記念撮影
e0335926_21480464.jpg



e0335926_21481508.jpg



e0335926_21475378.jpg



e0335926_21475940.jpg


この日は山はイマイチくっきり見えず
e0335926_21501911.jpg


お馬さん、暑そうで木陰に
e0335926_21513138.jpg


「セキレイ」でしょうか?
e0335926_21503721.jpg



ソプラボルツァーノからいつものようにロープーウェイでボルツァーノへ
木々にヤドリギがいっぱい見えます
e0335926_21520371.jpg



バスを2度乗り換えて
e0335926_21555770.jpg


着きました・・・・と言われて歩き始めると
真新しい木の柵がずっと続いていて、こんな看板が
e0335926_21573360.jpg


ここから良く見る写真の風景を見るようになっていました
e0335926_21581965.jpg
ちょっとイメージ違いでした153.png

Y子さんのお話だと2年ほど前に来た時は柵がなくて
教会に向かって草原を歩いて行ったそうです
e0335926_22250696.jpg



背景の山は霞んでうっすらしか見えない
e0335926_22251243.jpg


観光客のマナーが悪いのでこうなってしまったのかな。。。
自動販売機で4ユーロを支払って敷地に入るようになっていました
e0335926_22244945.jpg



e0335926_22264005.jpg



e0335926_22275170.jpg



e0335926_22282378.jpg



e0335926_22281568.jpg




e0335926_22291113.jpg



e0335926_22280136.jpg


道沿いに流れている小川に添って歩いていると
橋げたにジョビちゃんがお尻ふりふり
e0335926_22301420.jpg



夏の間はこんな場所で過ごしていたのですね!
e0335926_22312510.jpg



e0335926_22313605.jpg



e0335926_22403596.jpg



e0335926_22312215.jpg



e0335926_22302792.jpg



e0335926_22305315.jpg



e0335926_22295134.jpg




バスでもっと上まで行ってみることにしました
e0335926_22320729.jpg



e0335926_22323186.jpg



e0335926_22315804.jpg



e0335926_22434592.jpg


色々なハイキングコースがある中で
約1時間ほどののんびりコースでお花を楽しみながら歩くことに
e0335926_22313691.jpg


e0335926_22314275.jpg


e0335926_22425472.jpg



ここの「オオバコ」はピンクでした
e0335926_22432753.jpg




e0335926_22471810.jpg



e0335926_22472379.jpg



e0335926_22482761.jpg




e0335926_22490395.jpg




e0335926_22595729.jpg



e0335926_23002401.jpg



「ワタスゲ」が一面に
e0335926_23023696.jpg


ここは湿地帯になっていました
e0335926_23022951.jpg



ふたりはスマホ撮影に真剣です
e0335926_23043925.jpg



e0335926_23051974.jpg



e0335926_23054165.jpg



e0335926_23054935.jpg



e0335926_23064717.jpg



e0335926_23070046.jpg



e0335926_23072406.jpg


e0335926_22363581.jpg




e0335926_23081154.jpg



e0335926_22351714.jpg



e0335926_23095802.jpg



e0335926_23083892.jpg



この子はジョビ君のようです
e0335926_23103902.jpg



e0335926_23112979.jpg


e0335926_23115399.jpg



e0335926_23122498.jpg


バスが来たようです
e0335926_23093062.jpg




e0335926_22364672.jpg
いよいよ翌日はY子さんとお別れして
ふたりでヴェローナに向かいます

by ruru-club | 2019-08-18 22:49 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)

北イタリア旅行 ③ カーラー湖~カティナッチョ連峰

3日目はホテルからレノン鉄道に乗って終点ソプラボルツァーノ下車
ロープーウェイでボルツァーノに降りて、長距離バスで山道を進みます
e0335926_23300485.jpg


e0335926_23355431.jpg


すぐにウエーハースのLoackerの工場が見えてきました
e0335926_23344282.jpg
本当にあのマークの山が目の前でした



e0335926_23375624.jpg



e0335926_23373928.jpg


e0335926_23382925.jpg


e0335926_23384768.jpg


広大な風景を楽しみながら1回バスを乗り換えてさらに進みます
ワンちゃんもお利口にバスの中で静かにしています
e0335926_23394425.jpg



e0335926_23405115.jpg


途中で木が無くなっている場所が続きました
e0335926_23410762.jpg


この辺は昨秋の嵐で木がなぎ倒されてしまい
ストラディバリウスの原木が大被害を受けたのだそうです
e0335926_23434461.jpg


そんな中で青い池「カーラー湖」が見えてきました
e0335926_23433639.jpg



e0335926_23443899.jpg



e0335926_23454923.jpg



e0335926_23455494.jpg


ちょっと後ろは丸裸の林です
かなりの面積が何か所かに渡って被害の様子が分かりました
e0335926_23484057.jpg
後で聞いたところによるとたった30分ほどの出来事だったのだそうです


ここからちょっと行ったところが終点
e0335926_23521886.jpg


ちょっと先がリフトの乗り場になっていました
e0335926_23531651.jpg
乗り場がすでにお花畑です178.png



e0335926_23554921.jpg




e0335926_23572484.jpg



良い景色です
e0335926_23594147.jpg


下にはお花がいっぱい
目立っていたの白とピンクのレースフラワー
e0335926_23591685.jpg


後ろを振り向くとなぎ倒された傷跡がくっきり分かります
e0335926_23594619.jpg




着いたところはお花の楽園
e0335926_00023189.jpg


e0335926_00024294.jpg


e0335926_13553557.jpg



e0335926_13561038.jpg



e0335926_13563596.jpg




e0335926_13565338.jpg



e0335926_13573555.jpg
いつもは森の中のカーラー湖で見えないはずなのに
「あ!見えてる!」と叫ぶY子さん
まわりの木が倒されたせいで見えているようです
e0335926_13593647.jpg


e0335926_13594071.jpg
弦楽器を演奏する方にとっては悲しい風景でしょうね148.png



かわいい「リンドウ」
e0335926_14030972.jpg



ハーハ―鼻を鳴らしてやってきたのはワンちゃん
e0335926_14040338.jpg



e0335926_14053828.jpg

「ママ~チュカレたよ~~」
e0335926_14060521.jpg



「しょうがないな~休もうか!」
e0335926_14081566.jpg


e0335926_14085750.jpg




e0335926_14090714.jpg



e0335926_14165704.jpg



e0335926_14171603.jpg



e0335926_14172890.jpg



e0335926_14180883.jpg



e0335926_14192678.jpg



e0335926_14194953.jpg


e0335926_14200148.jpg


e0335926_14205540.jpg



e0335926_14212914.jpg


e0335926_14220254.jpg


e0335926_14223135.jpg



e0335926_14231071.jpg



「アルペンローザ」
e0335926_14231613.jpg



e0335926_14233074.jpg



e0335926_14242819.jpg



e0335926_14245646.jpg


e0335926_14252557.jpg


e0335926_14254957.jpg


e0335926_14255881.jpg


まさに「イワシャジン」
e0335926_14261888.jpg


e0335926_14263429.jpg



e0335926_14273949.jpg


標高が高いせいか胃がチクチク
サッサと進んで石の上で休憩
e0335926_14290599.jpg


鷲の像が立っています
e0335926_14330330.jpg


振り返るとY子さんもT子さんもそれぞれお花に見とれて
e0335926_14281463.jpg




e0335926_14331356.jpg



e0335926_14335310.jpg



ここで記念写真を撮って
e0335926_14363213.jpg
戻る事にしました



e0335926_14375365.jpg



来た山道を戻ってもいたるところに咲くお花に目はキョロキョロ
e0335926_14380274.jpg



e0335926_14382807.jpg




e0335926_14402464.jpg


e0335926_14403293.jpg


途中でT子さんが滑って右腕を打撲
しっかりしたハイキングシューズを履いていたけれど油断はできません
山道はやはり上りより下りが大変です
e0335926_14425234.jpg



e0335926_14435042.jpg



来たコースで帰ります
時間が早めなのでボルツァーノの街を少し散策

Y子さんお勧めの「アイスカフェ」をいただいてホッと一息
e0335926_14452667.jpg


街中のマルシェ
e0335926_14473167.jpg


e0335926_14474327.jpg


e0335926_14475212.jpg


Y子さんお勧めの「パルメッサンチーズ」を買って
e0335926_14480405.jpg


Loackerのお店でお買い物
e0335926_14500327.jpg



入ってすぐはカフェになっています
e0335926_14515546.jpg
許可を得て撮影



e0335926_14540124.jpg



お店の前には大聖堂
e0335926_14543535.jpg


e0335926_14563786.jpg

残念ながら中には入れず
その代りチュン子とお遊び
e0335926_14554311.jpg



e0335926_14555830.jpg



e0335926_15063226.jpg


e0335926_14561766.jpg



ここで砂浴びしている子もいました
e0335926_14585777.jpg


e0335926_14573624.jpg
手のひらにパンくずを乗せると食べに来てくれました




e0335926_14593475.jpg



帰りはロープーウェイ
e0335926_14595792.jpg



e0335926_15003112.jpg



e0335926_15010140.jpg



e0335926_15011916.jpg


電車の窓からの眺めも最高です
e0335926_15022115.jpg


e0335926_15023321.jpg


終点「コッラルボ」Collalbo
e0335926_15032740.jpg

この駅から歩いて数分のところにホテル「ドロミテン」があります
e0335926_15031520.jpg
翌日は待望の「サンタ・マッダレーナ」に行きます

by ruru-club | 2019-08-17 15:28 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(4)

北イタリア旅行 ② リットゥナー・ホルンへ

翌日は朝の出発はゆっくりなので近辺散策
e0335926_01190267.jpg


e0335926_01191250.jpg



黒猫が見える
e0335926_12581113.jpg


e0335926_12581735.jpg


ここは苗屋さんのようです
e0335926_01191978.jpg


ジーパン活用?
e0335926_01192620.jpg


表にもありました
e0335926_01200065.jpg


ホテルに戻って
e0335926_12594377.jpg


Y子さんの案内でバス停に向かいます
バスに乗って終点Pemmern(1538m)
~ロープーウェイでCima Lrgo Nero(2070m)
e0335926_14461561.jpg


e0335926_14442093.jpg



e0335926_15001966.jpg


なだらかなあの山の天辺まで歩きます
e0335926_14590966.jpg




e0335926_13005993.jpg


遠くからカウベルの音
e0335926_15032618.jpg


e0335926_15033764.jpg


歩くごとに山の風景が楽しめます
e0335926_15042792.jpg


e0335926_15044809.jpg


e0335926_15045347.jpg


e0335926_15063266.jpg


野の花に大きな期待・・・だったけれどお花はここまで
e0335926_15063904.jpg


このなだらかな山は牧草地で牛、羊、山羊たちの放牧場
お花も草もきれいに食べ尽くされていました
e0335926_15081062.jpg


大ベテランのY子さん
e0335926_15095739.jpg


e0335926_15105544.jpg


e0335926_15112035.jpg


e0335926_15114282.jpg


e0335926_15130305.jpg


e0335926_15125493.jpg


e0335926_15131872.jpg


e0335926_15142484.jpg



頂上に着きました
e0335926_15160855.jpg


向こう側も見えて大パノラマ風景
e0335926_16070090.jpg


e0335926_16054494.jpg


e0335926_16061397.jpg



ここにはレストランがあってY子さんお勧めの「カイザーシュマーレン」
細切れのパンケーキにジャムを3人でシェア
具がいっぱいのクリームスープも美味しかった113.png
e0335926_16120339.jpg


e0335926_16084949.jpg


e0335926_16090843.jpg


e0335926_16091418.jpg



e0335926_16094121.jpg


e0335926_16083044.jpg



e0335926_16210703.jpg



e0335926_16234394.jpg
子羊にカメラを向けていたら「ンメェ~~」



瞬間立ち上がってママのお腹に
e0335926_16234944.jpg
それではロープウェイまで戻ることにします
ここから見える山の小屋まで下って登ります



e0335926_16313740.jpg



e0335926_16314741.jpg



e0335926_16322870.jpg


e0335926_16324052.jpg



e0335926_16333893.jpg


たくさんのワン公たちもリードなしでのびのびハイキング
e0335926_16334587.jpg


牧草地を抜けるとお花たちが顔出します
e0335926_16345625.jpg



e0335926_16360415.jpg



e0335926_16361015.jpg


エリカはあちこちに背丈は低く
e0335926_16363197.jpg


e0335926_16374255.jpg



e0335926_16380870.jpg



e0335926_16394839.jpg



地元のご老人たち
e0335926_16400158.jpg


ホテルがあるのはレノン鉄道の終点のCollalbo
一旦戻って再び別の路線のバスに乗り
ウエーハウスの山の良く見える村へ
e0335926_16561290.jpg

途中に林の間から「ピラミデ」
氷河時代からの自然の風化作用と浸食で出来た崖が見えました(写真撮れず)
e0335926_16562474.jpg


e0335926_16585894.jpg


このシレネがいたる所に咲いていて
e0335926_17000291.jpg


原種サルビアもあちこちに
e0335926_17000735.jpg


e0335926_17014584.jpg


e0335926_16584013.jpg

この村へ着くまでの車窓からの風景が美しかったです
帰りはカメラを構えて
e0335926_17020195.jpg


e0335926_17031116.jpg

e0335926_17021298.jpg


睡蓮が咲いていてアヒルが遊ぶ池
e0335926_17065233.jpg


e0335926_17065984.jpg


ホテルに戻って
e0335926_17101778.jpg



e0335926_17103869.jpg



e0335926_17105552.jpg



e0335926_17115211.jpg



e0335926_17122082.jpg


この日はY子さんのご友人ファミリーと最後のお夕食です
e0335926_17144803.jpg
ナプキンのテントウムシがかわいい162.png

Y子さんの所属していたパッサウでの同僚のヴァイオリン奏者アンちゃんファミリー
奥様はピアノ教師で日本の子ども曲が欲しい・・・と希望され
20曲ほど楽譜を持っていきました
ドイツ語が出来ないので会話が出来ず残念でしたが
Y子さんはそのタイトルをドイツ語に翻訳してくださったようです

奥様のお母様は昔ポーランドで
幼稚園の園長先生をなさっていたことをお聞きしました

アンちゃんにご馳走になった赤ワイン
とっても美味しかったです
e0335926_18090453.jpg


お食事中に空が赤くなって
e0335926_18092267.jpg
一瞬のことでした


本物の葉っぱのテントウムシをみんなにいただいて持ち帰り
e0335926_17150530.jpg
夕食の後でみんなで記念撮影をしてお別れのご挨拶

アンちゃんはとても楽しい方で
言葉はわからなくてもそばにいると笑いが絶えずでした

by ruru-club | 2019-08-16 18:23 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(8)

北イタリア旅行 ① ミュンヘンからボルツアーノへ

ミュンヘン空港から中央駅へ
旅行を案内してくださるY子さんとボルツアーノ行きの
列車のホームで無事に合流出来て出発
e0335926_22540473.jpg



お城の見える駅や
e0335926_22595263.jpg


「インスブルック」を通って
e0335926_22551920.jpg


e0335926_22560733.jpg


ワンちゃんもお利口です
e0335926_22554870.jpg

約5時間でボルツアーノ駅に到着
たまたま同じホテルに滞在中のY子さんのご友人アンちゃんが
お迎えに来てくださいました

ボルツアーノは日本と変わらない暑さです
ここから目の前の山をイロハ坂のように登っていきます

4日間滞在するホテル「ドロミテン」に着きました
e0335926_23152660.jpg


e0335926_23162606.jpg


e0335926_23160541.jpg


e0335926_23064392.jpg


e0335926_23150872.jpg



e0335926_23052995.jpg


山の風景が見る間に変わっていきます
e0335926_23180437.jpg
翌日はドロミテの青い池「カーラー湖」方面を観光します

by ruru-club | 2019-08-14 23:25 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(6)

真夏の北イタリアに出かけてきます

去年出版された吉村和敏さんの
「朝の光とともに、世界を巡る旅がはじまる」
e0335926_00002255.jpg



ここに出ていたこの風景がとても印象的でした
e0335926_00000081.jpg
この「奇跡の風景」に向けて何とか辿り着きたい・・・
深夜便で友人と8日間の旅行に出かけることになりました

山の麓の街は暑そうですが暑さに負けないように
行ってきま~す174.png


by ruru-club | 2019-08-06 00:09 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(6)

ruruの庭と日頃の出来事をつづります♪


by ruru
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る