ジョビちゃんようこそ!
仕事が始まる5分ほど前の事
窓越しにジョウビタキの雌が見える!
e0335926_00414548.jpg


やっと会えた庭のジョビちゃん
e0335926_00431600.jpg


e0335926_00441458.jpg


行っちゃうの~?
あ!戻ってきたけど、そこじゃ見えないよ~
e0335926_00443818.jpg
外に出てみると・・・あ!今度は「ツグミ」ちゃん
お向かいにすぐ飛んで行ってしまい
ジョビちゃんはどこ~?

やっぱりお隣方面にさよならでした
最近何かと忙しくて庭を見ていなかったけれど
前から時々遊びに来てくれていたのでしょうね


~~~~~~~~~


庭のレストランも大分前から開業を始めました
毎日「メジロ」と「シジュウカラ」がやって来ます
e0335926_22202911.jpg


e0335926_22211416.jpg
もっとかわいく撮ってあげなくちゃ


~~~~~~~~~



昨日、田園調布から連れてきたチュン子
オーストラリアからやってきた子のようです
e0335926_00504404.jpg


今日やってきた「小鳥」とニャンコ
e0335926_00514394.jpg

# by ruru-club | 2017-12-26 00:56 | | Trackback | Comments(0)
ウイーン③ ショッテントーア駅から散策
「ハイリゲンシュタット」からトラムDに乗ってショッテントーア駅で下車
Sさんはウイーン大学へ、私たちはカフェ「ラントマン」でランチをして近辺散策です
e0335926_23033197.jpg

裏道を行くと7年前にも気になったお店
このレストランにはシューベルトがお出迎え

調べてみるとmediterranは地中海のことのようです
地中海料理のお店なのでしょうか。。。
シューベルトが通ったお店?
e0335926_23040296.jpg


そのすぐ側にベートーヴェンの住んだ「パスクワラティハウス」があります
引っ越し魔だったベートーヴェンはここも出たり入ったりを繰り返したようです
e0335926_23074015.jpg
パスクワラティ男爵はベートーヴェンのために
いつ帰ってきても良いように部屋を開けておいたのだそうです


最上階のベートーヴェンの住まいが記念館になっています
前回は休みだったので今回は入ってみました
まず入り口にあるショップを覗いて
e0335926_19042082.jpg

訪れる人もほとんどなく貸切り状態です
e0335926_19063003.jpg


e0335926_23080584.jpg


この人が「パスクワラティ男爵」のようです
e0335926_22254366.jpg


当時の劇場や街の様子がわかる絵があちこちに掛けられていて
ベートーヴェンの自筆楽譜も展示されていました
e0335926_22285011.jpg



e0335926_22322482.jpg



7年前にウロウロした懐かしい場所です
e0335926_22345755.jpg


e0335926_22335759.jpg


カフェ「ラントマン」に戻ってきました
e0335926_22363238.jpg


ブルク劇場
e0335926_22355772.jpg


その正面に市庁舎がありクリスマスマーケットで賑わっています
e0335926_22370003.jpg



e0335926_22412085.jpg


e0335926_22405931.jpg


e0335926_22413560.jpg


e0335926_22414372.jpg


その先に懐かしいカフェがありました
e0335926_22503493.jpg
ここで珈琲をいただいて次は美術史美術館に向かいます


# by ruru-club | 2017-12-24 22:21 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(0)
ウイーン② ハイリゲンシュタット
地下鉄終点の「ハイリゲンシュタット駅」は雑然とした賑やかな町
トラム38番に乗って遺書の家に行きます
フンデルトヴァッサーの建築したゴミ焼却炉が見えていました


「遺書の家」
e0335926_22571248.jpg


e0335926_23030735.jpg


e0335926_23205548.jpg


ホイリゲでしょうか?
e0335926_23213534.jpg


e0335926_23223810.jpg


胡桃のリース
e0335926_23224839.jpg



e0335926_23233479.jpg


e0335926_23335343.jpg


左側にベートーヴェンハウス
e0335926_23340037.jpg

今はホイリゲ「マイヤー・アム・プファールプラッツ」
になっているようです
e0335926_23341094.jpg


e0335926_23360654.jpg

左に進むと
e0335926_23364116.jpg


奥には葡萄畑が広がります
e0335926_23371743.jpg


ここの通りは「エロイカ通り」
e0335926_23405616.jpg


交響曲第3番の「英雄」と関係があるのでしょうか?
e0335926_23394033.jpg


e0335926_23402619.jpg


e0335926_23383216.jpg


この先にもベートーヴェンハウスがありました
e0335926_12204626.jpg



e0335926_23445088.jpg


この後でベートーヴェンの散策した小道を歩きます
e0335926_12074000.jpg


e0335926_12091455.jpg


e0335926_12094054.jpg


この小川を見ながら歩いて
交響曲第6番「田園」が作曲されたのですね
e0335926_12095047.jpg
カッコウや小鳥のさえずりもここで聞こえてきたのですね♪
別な季節にも歩きたい・・・と思う道でした


e0335926_12083073.jpg


まわりは高級住宅街になっていました
e0335926_12130109.jpg


カラスが飾られていました
e0335926_12143069.jpg



大きなテラスがあって気持ち良さそう~
e0335926_12145828.jpg
もっともっとゆっくりしたいと思いながら
ウイーンの街に戻ることにしました
市庁舎近くで下車して散策しながら歩いてホテルに戻ることにします

# by ruru-club | 2017-12-24 12:17 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(0)
ウイーン① シェーンブルン宮殿の庭園
ヴァッハウ渓谷からウイーンに到着した初日は
レストランでみんなで夕食の後ホテルへ・・・一番寒いと感じた夜
e0335926_23145355.jpg


2階に案内されて
e0335926_23170307.jpg


e0335926_23151520.jpg


ウイーンの名物「ウインナーシュニッツェル」をいただきました
e0335926_23153768.jpg



デザートは「ザッハトルテ」ではなく「ザッハケーキ」だそうで
e0335926_23165269.jpg



ホテル「アム コンツェルトハウス」はとても便利な場所にあり
3泊4日快適に過ごす事が出来ました
名前の通りすぐ前にコンサートホール「コンツェルトハウス」がありました
e0335926_23214240.jpg


e0335926_23204679.jpg


e0335926_23194695.jpg

この窓からは右に「コンツェルトハウス」や左奥に楽友協会方面の通りが見えます
e0335926_23201630.jpg

2日目の午前中はシェーンブルン宮殿をガイドさんの案内で見学するか
自由行動を選択することが出来ます
午後から帰国日の午前中までは自由行動になります


シェーンブルン宮殿の中は前回も見ているし、その前もヤーコン会で見てる
庭園は途中の「ネプチューンの泉」までしか行ったことがないので
広い園内を「グロリエッテ」まで歩いてみることにしました


ホテルの最寄駅「STADTPARK」駅から地下鉄U4に乗って
シェーンブルン駅で降り5分はど歩きます
e0335926_23303653.jpg


クリスマスマーケットは早すぎて準備中・・・の中
e0335926_23305122.jpg


私たち2人だけこの先の庭園に進みます
e0335926_23373747.jpg


e0335926_23365223.jpg



e0335926_23385482.jpg


e0335926_23403351.jpg


宮殿からの眺めを見て、この奥の「グロリエッテ」まで歩きます
e0335926_23392779.jpg



右側に進むと動物園のようです
e0335926_23412876.jpg


e0335926_23422425.jpg


ガサゴソ何かの気配
e0335926_23400262.jpg


e0335926_23433650.jpg


e0335926_23425388.jpg


e0335926_23442250.jpg


e0335926_23443792.jpg


e0335926_23452783.jpg



e0335926_23454099.jpg


e0335926_23461735.jpg


目の前の小鳥たちの戯れや鴨たちの寛ぎを楽しみ
ウイーンの街の全体が眺められます
e0335926_23464161.jpg


e0335926_23473805.jpg


e0335926_23481277.jpg


e0335926_23482516.jpg

一番高いところがこの「グロリエッテ」です
マリア・テレジアやエリザベートのお気に入りの場所だったことに納得です
e0335926_23492255.jpg



ここはカフェになっていました
e0335926_23494984.jpg


その反対側は森
e0335926_23514342.jpg


来た時と反対側から戻ることにします
ところどころ左奥に並木がつながり、見晴らしが良い
e0335926_23503130.jpg


e0335926_23504950.jpg


e0335926_23511184.jpg


e0335926_23510168.jpg


e0335926_23530925.jpg


「ネプチューンの泉」
e0335926_23531806.jpg


e0335926_23533194.jpg


豪華な鳥籠?? 近づいてみると鳩小屋になっていました
e0335926_23535427.jpg
この後は一人参加のSさんと来た時の地下鉄U4に乗って終点
「ハイリゲンシュタット」に向かいます


# by ruru-club | 2017-12-20 23:57 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(2)
小鳥な一日
今日は午前中、R子さんがレッスンに来ました
飼われていた鳥さんを亡くしたことがきっかけで
ピアノレッスンを始められたR子さん

鳥のことでは話が盛り上がります
いつも小鳥いっぱいのレッスンバッグを持ってやって来るのですが
今日はもうひとつ、鳥さん紙袋も持っていらして

そのままいただいてしまいました
e0335926_22173195.jpg
毎年下さる「日本野鳥の会」のカレンダー


来年の1月は「オオマシコ」です
e0335926_22185044.jpg



e0335926_22191973.jpg

12月は「シマエナガ」
e0335926_22193050.jpg
来年のカレンダーの小鳥たちは、お花に囲まれてかわいいのが多い162.png


いつもは2階の洗面所だけれど
今回は2階の階段を上がったところに掛けましょう
e0335926_22372632.jpg


今日は特別な可愛いカレンダーも入っていました
ruruちゃんも、ぴーちゃんもいます
なんてかわいいカレンダーなんでしょう~
e0335926_22195033.jpg


小鳥付きのタッパー容器もダイソーで見つけられたそうで
中に作りたての煮豆が入っていました
e0335926_22391804.jpg



新聞広告に乗っていた「BIRDER」
今月号は「ルリビタキ」「キビタキ」特集
東戸塚用を済ませながら本屋さんで買って来るつもりで出かけました
残念ながら売り切れでした145.png

途中で出会ったクリスマスローズのクッキー缶
e0335926_22203538.jpg

さ~帰りましょう・・・と車に乗ると
R子さんから写真付きメール

エナガの切手を見つけたのだそうです
駐車場を出るとすぐのところに郵便局があります
即手に入れることが出来ました178.png
e0335926_22202355.jpg
「森からの贈り物シリーズ第1集」書いてあります
これからもこのシリーズが続くのでしょうか? 楽しみです179.png


# by ruru-club | 2017-12-20 22:53 | | Trackback | Comments(2)
ヴァッハウ渓谷 メルク修道院~デュルシュタイン
ザルツブルクからウイーンへのバス移動の途中で
ヴァッハウ渓谷に寄り道します

ずっと高速道路を走って行くと左奥に大きな修道院が見えてきました
e0335926_21530017.jpg
もっと山の中の険しい中に建っているのかと思っていました



e0335926_21552454.jpg


e0335926_21563124.jpg


e0335926_21564935.jpg

見学の前に修道院のレストランでランチです
e0335926_21572640.jpg


e0335926_21573673.jpg


今回はどのレストランでも野菜サラダが出てきます
e0335926_21580544.jpg



e0335926_21585235.jpg



e0335926_21592688.jpg
ランチの後はガイドさんの案内で修道院の中の見学です


その前に時間まで建物の見学
e0335926_22003203.jpg


e0335926_22010211.jpg


e0335926_22040350.jpg


e0335926_22043300.jpg


e0335926_22044865.jpg


e0335926_22055211.jpg


右側の建物の中で
e0335926_22082394.jpg


e0335926_22050910.jpg

今風な絵の画家さんの個展をやっていました
この建物の絵を描かれた人のような気がします
e0335926_22072034.jpg


e0335926_22072858.jpg


e0335926_22060874.jpg


時間になりガイドさんに付いて建物の中に入りました
中は写真撮影禁止でした


豪華な部屋に豪華な展示物がいっぱいでした
途中で眺めの良いテラスへ
e0335926_22343786.jpg


e0335926_22345452.jpg


面白い鳥の絵の付いた館が見えます
e0335926_22370703.jpg


ドナウ川
e0335926_22380180.jpg



e0335926_22381493.jpg



e0335926_22382838.jpg



e0335926_22383900.jpg


e0335926_22393302.jpg


反対側の建物に入ります
最初の部屋は豪華な図書館になっていました
e0335926_22411762.jpg


ここからヴァッハウ渓谷沿いにバスが走り
メルヘンの町と言われる「デュルシュタイン」を目指します

川沿いに大きな館や古城がいくつか見えました
e0335926_22432494.jpg
川の両側には葡萄畑が続きます



e0335926_22433865.jpg


デュルシュタインに着いてすぐにワイナリ―へ
e0335926_22472708.jpg


ここでワインの試飲
e0335926_22475761.jpg

今回はお酒の好きな方が少ないようで、ほとんどすぐに町散策へ
夫婦2組だけがあれこれワインを探している

ruruも町が気になる・・・お先に行ってきます
すぐ目の前にこのワイナリーの葡萄畑がありました
e0335926_23000169.jpg


奥に見えるのは「ケーンリンガー城」
英国のリチャード師子王が幽閉されていたお城なのだそうです
e0335926_23064922.jpg


行ってみたいけれど時間がなくあきらめです
e0335926_23173366.jpg


e0335926_23180369.jpg


e0335926_23181899.jpg


e0335926_23184833.jpg



e0335926_23185887.jpg
どこもクリスマス飾りがかわいい
お店はお休み中が多かったようです


e0335926_23191521.jpg


ここから引き返します
e0335926_23195082.jpg


e0335926_23215602.jpg



e0335926_23222952.jpg



e0335926_23224600.jpg



e0335926_23231507.jpg



e0335926_23232329.jpg



e0335926_23233406.jpg



ここは修道院のようです
e0335926_23240658.jpg


e0335926_23242234.jpg



e0335926_23243344.jpg


e0335926_23264284.jpg



e0335926_23270834.jpg


e0335926_23253240.jpg


e0335926_23272579.jpg


e0335926_23280599.jpg


ドナウ川に出ました
e0335926_23355079.jpg



建物に書かれた線は何でしょう?
e0335926_23290275.jpg
赤い線は洪水の時の線ではないかと思われます
一番上は1862年、次は2013年になっています!!

次1899~1897~1954~1920~1923と続きます
確かに4年前大ニュースになっていた記憶があります

e0335926_23361019.jpg


美しい風景が続きます
e0335926_23365800.jpg



ドナウ川クルーズの遊覧船がやってきました
e0335926_23374485.jpg



e0335926_23385882.jpg


e0335926_23391446.jpg


e0335926_23393101.jpg



e0335926_23394766.jpg


e0335926_23401581.jpg
一回りしてきたようです
一人歩きで集合時間を勘違い
一番最初に集合場所に戻ってしまいました

かわいいラベルのワインを買って、時間まで小鳥ウオッチング
e0335926_23424801.jpg


e0335926_23430356.jpg


e0335926_23432110.jpg


e0335926_23433611.jpg


今回のお持ち帰りワインはここの2本だけです
e0335926_23455255.jpg


# by ruru-club | 2017-12-18 23:46 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(4)
行けなかったコンサート♪
12月2日にY太とYりのちゃんの大学オーケストラ同期が集まっての
8回目の「BauMusik」のコンサートがありました

ちょうど旅行と重なり行けなくてがっかりしていたら
Yりのちゃんパパが録画してくださっていて、今日届きました
美しいクリスマスカードも入っていました
e0335926_23332481.jpg
千葉産の殻つきピーナッツも入っていました
これが美味しくて止まらなくなるのです

DVDの再生が出来ない・・・と思ったらブルーレイでした
ruru家のブルーレイ再生は昔のゲーム機なので
パパさんが解説書を読みながら
ゲーム機も取り出し大事になります
e0335926_23330041.jpg
やっとのことで見ることができました

今回は9組の演奏があり
Y太・Yりのちゃんはドボナーニの「ピアノ五重奏曲」
このいつもの5人は長い長いお付き合い

ピアニストO田島君の選曲なのでしょうか?
知らない作曲家でしたが、とっても変化のある
聞きごたえのある美しい曲でした

それにしても弁護士O田島君のパワーにはびっくりです
ドボナーニのピアノも半端なく難しそうだったのに
ブラームスのピアノトリオも演奏

プロのピアニストとして十分に活躍していけるレベルです
本当に魅力のピアニストさんです♪
「BauMsik演奏会」ずっと続いていくと良いですね

# by ruru-club | 2017-12-18 00:02 | 家族 | Trackback | Comments(0)
ザルツブルク④ 2日目の夜
ザルツブルクへは予定より早く、まだ明るい3時半頃に到着
ミラベル宮殿からホーエンザルツブルク城を眺めて
e0335926_22362060.jpg


e0335926_22394570.jpg


明るいうちにカプツイーナの丘から旧市街を眺めましょう

モーツァルテウム音楽院を通って
e0335926_22401566.jpg


上り口が分かりにくいところにあり、ちょうど工事中でした
大急ぎで階段を駆け上り
e0335926_22434111.jpg


山がきれいです
e0335926_22455183.jpg



e0335926_22445588.jpg

ノンベルク修道院
e0335926_22450428.jpg

人は誰もいなくて、この景色を独占でした
e0335926_22452524.jpg


帰りはもっと先へ道なりに歩くとここに出ました
e0335926_22485060.jpg


ちょっと先にモーツァルト家のお墓がある
聖セバスチャン教会があります
e0335926_22522970.jpg


e0335926_22524290.jpg


ここからシュターツ橋を渡って旧市街に向かいます
e0335926_22594338.jpg

レジデンズ広場の入り口に知っているお顔
7年前にヤーコン会の4人が
この方からザルツブルクのスケッチ絵を買ったのでした
e0335926_23051574.jpg
購入した絵を違うもの取り換えたいと考えていて
以前に買った絵をスマホで写していきました

お見せすると喜んでくれて、お安くしてくれました
今回選んだのは「モーツァルトの生家」です
e0335926_23130102.jpg


広場の前の大聖堂を見学
e0335926_23060985.jpg


e0335926_23052515.jpg


パイプオルガンが5つ見えます
e0335926_23152847.jpg


e0335926_23163507.jpg


e0335926_23172217.jpg


音楽祭の時に宿泊したホテル
e0335926_23182042.jpg

チョコレート菓子の老舗「フュルスト」
お土産を買いながらカフェで珈琲タイム
e0335926_23194623.jpg


この後、ゲトライデ通りの奥から歩きます
グムンデン焼きのお店がありました
ちょうど6時になりお店は閉まってしまいました
e0335926_23220601.jpg


e0335926_23221671.jpg


右側にクリスマス飾りで賑わっている場所があって
覗いて見ることに
e0335926_23223096.jpg


e0335926_23224596.jpg

地元の方たちが楽しんでいるクリスマスマーケットのようでした
e0335926_23230425.jpg
ここでもホットワインをいただいて



e0335926_11324724.jpg


e0335926_23232269.jpg

前日にガイドさんが教えてくれた魚のお料理が食べられる
モーツアルトの生家の下のお店で「パエリア」や「魚介類と野菜のロースト」を選び
トレイに乗せて会計を済ませ奥のテーブルでいただきます
ビールを飲みながら簡単に夕食を済ませて
e0335926_11292792.jpg
なかなかやって来ないトラムに乗ってホテルに戻りました

翌日はヴァッハウ渓谷のメルク修道院とデュルシュタインの観光をして
最終地ウイーンに向かいます

# by ruru-club | 2017-12-17 11:40 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(0)
ザルツブルク③ ハルシュタット
ハルシュタット観光は1時間と聞いていたので
ちょうどお昼の時間ではあるけれどランチをいただく時間はない
・・・と覚悟していました
e0335926_20501674.jpg

ザルツブルクのホテルの朝食は豪華で美味しいパンのコーナーに
大きなマフィンも置いてあって、パンのお皿に乗っけてきて
ナプキンに包んで持ち帰り、お腹の空いた時にいただきましょう

ところが予想外に2時間近くの時間をいただけました
初めてのパパさんに食べさせたい魚料理がある

マルクト広場に行くと前回宿泊した
レストラン兼ホテルが新しくなっていました
このレストランは居心地が良くてとっても美味しいんだけど
e0335926_20533943.jpg


時間がないからハルシュタット湖を眺めながらの
真向いのホテルのレストランにすることにしました
すぐにオープン前のレストランに並びました
e0335926_21102691.jpg


窓辺の席に案内されました
この場所は前回ヤーコン会の4人で夕食をいただいた場所です
e0335926_20591734.jpg
5種類くらいの魚料理のどれを選びましょうか?
「この湖で採れた魚は?」とお尋ねすると
「全部!」とお返事が返ってきました

ニジマスのはずだけど魚が大きい!
以前に食べた時はもう少しパリッと香ばしかったけれど
ちょっと違うお味でした
e0335926_21001959.jpg


e0335926_20593351.jpg


対岸のハルシュタット駅に列車がやってきました
e0335926_21582541.jpg

白い船が待っているところから、この船に乗り換えて
ハルシュタットの町(村?)に移動します
e0335926_21110865.jpg



この船からのハルシュタットの村と山の風景が
とってもきれいなのです
e0335926_21141032.jpg
前回はバート・イシュルからこのコースで来る予定だったのですが
電車の到着するのをホームに入って待っていると

その1時間ほど前にハルシュタット行きの列車の時刻表を
尋ねたおば様が飛んで来て
私たちを駅前に止まっている「バスに乗りなさい!」

発車時刻は列車と全く同じ時刻
考える間もなくバスに乗らされてしまったのでした
そのバスにトンネル前で下ろされパニック状態の私たち149.png
宿泊して翌日は逆コースで列車でザルツブルクに戻りました


食事の後は観光です
e0335926_21245618.jpg


ここのレストランはちょうど定休日でした
e0335926_22052100.jpg


e0335926_22082123.jpg


e0335926_22083072.jpg


まずは丘の上のカトリック教会へ
e0335926_21282933.jpg


この丘の上のお墓がどれもとってもかわいいのです
e0335926_21292948.jpg


e0335926_21301600.jpg


下の教会はプロテスタント教会
e0335926_21312626.jpg



e0335926_21345815.jpg


e0335926_21334292.jpg


e0335926_21335117.jpg


e0335926_21342152.jpg


カタコンベを見ましょう・・・と思ったらお昼休み中でした
e0335926_21355685.jpg


e0335926_21343358.jpg



e0335926_21371218.jpg


e0335926_21375013.jpg


e0335926_21381591.jpg


e0335926_21392870.jpg


e0335926_21393867.jpg


e0335926_21400314.jpg


e0335926_21404787.jpg

まだ少し時間があるのでお土産屋さんよりも
行ってみたい場所がある
e0335926_21410665.jpg


絵葉書で良く見るこの風景
e0335926_23131871.jpg
2013年のカレンダー


e0335926_21430508.jpg
やはり思った通り、数分歩いた場所でした



e0335926_21452741.jpg


e0335926_21450386.jpg


e0335926_21473025.jpg


e0335926_21473994.jpg


e0335926_21481080.jpg


e0335926_21484358.jpg


e0335926_21492830.jpg


e0335926_21490827.jpg
ここからザルツブルクに戻ります


# by ruru-club | 2017-12-16 22:01 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(0)
ザルツブルク② ザルツカンマーグート「ザンクト・ヴォルフガング」
ザルツブルクの2日目はザルツブルクの自由行動か
ザルツカンマーグート観光のどちらかを選びます

もちろん大好きな村「ハルシュタット」を訪れる
ザルツカンマ―グート観光を選びました
大型バスを贅沢に10人中6人で貸切りです

9時出発で少しだけホテルの近辺を散策
e0335926_22544755.jpg
この先をもっと歩きたい・・・


ゴールデンレトリバーちゃんをなでなでしていると
e0335926_22561024.jpg
先を行く心配性のパパさんが引き返してきました
来た道を戻ることになりました
(どう考えてもこの先から左に行くとホテルだと思うんだけどなぁ~)


ザルツブルクを出発するとすぐに雪景色に変わりました
e0335926_23002964.jpg


「ザンクト・ギルゲン」が見えます
モーツァルトのお母さんが育った町で
お姉さんのナンネルがお嫁に来た町でもあります
e0335926_23005951.jpg
前回はこの町から遊覧船に乗って
対岸の「ザンクト・ヴォルフガング」に行きました
もう少しゆっくり滞在したかった町です

対岸の「ザンクト・ヴォルフガング」が見えてきました
そこに向かってバスは走ります
e0335926_23051399.jpg


e0335926_23064425.jpg

真っ赤な薔薇が咲いていました
e0335926_23071040.jpg


巡礼教会
e0335926_23093300.jpg



e0335926_23095254.jpg


e0335926_23131955.jpg


e0335926_23084043.jpg


e0335926_23085174.jpg


「白馬亭」の先で自由時間になりました
e0335926_23144598.jpg
1時間もないので町の反対側まで行ってみましょう


教会の裏の方へまわります
e0335926_23101298.jpg


e0335926_23170666.jpg


e0335926_23183607.jpg


e0335926_23191645.jpg


e0335926_23185260.jpg


e0335926_23203217.jpg


e0335926_23212173.jpg


e0335926_23210385.jpg


これは何なのでしょう~?
e0335926_23220612.jpg


キリストの誕生なのでしょうか?
e0335926_23225757.jpg


e0335926_23232443.jpg


e0335926_23231468.jpg


e0335926_23242818.jpg



e0335926_23250911.jpg

この奥へ進むとサウンドオブミュージックに出てくる
「シャーフベルク鉄道」の乗り場に続いていると思います
e0335926_00121676.jpg

時間がないので、ここで戻ることにしました
あっ! 甲斐ちゃ~ん!
e0335926_23260701.jpg


e0335926_23265468.jpg


e0335926_23274913.jpg


e0335926_23291111.jpg


ソーセージ屋さん
e0335926_23292652.jpg


来た道よりもこの右の細い坂道を登ろうとすると
心配性のパパさん、迷うと困ると心配する
e0335926_23302979.jpg


いやいやこの道面白そう・・・無視して進む==3
e0335926_23302255.jpg


ブラックバードの雌かな?
e0335926_23325724.jpg


e0335926_23333851.jpg


e0335926_23335521.jpg



e0335926_23342403.jpg



e0335926_23351583.jpg



e0335926_23350191.jpg


この下を覗くと
e0335926_23361141.jpg


民家のお庭に餌台がある
e0335926_23373416.jpg


お顔のオレンジが見える! ロビンちゃん~?
e0335926_23383648.jpg


e0335926_23385669.jpg


e0335926_23394249.jpg


e0335926_23394976.jpg
登り切ったところはちゃんとバスの停まる駐車場でした


次は一番奥のハルシュタット湖の麓の村
「ハルシュタット」に向けて出発です
e0335926_23425359.jpg

バスの車窓から「バート・イシュル」が見えます
e0335926_23430354.jpg


皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が愛した地で
「カイザー・ヴィラ」があり毎夏ここで過ごしたようです

レハールの記念館がありましたが
ブラームスも住んでいたとは全く知らずにいました
e0335926_23450477.jpg
前回行ったときはここからハルシュタット行きの路線バスに乗りました



「ハルシュタット」のすぐ側に長いトンネルがあります
e0335926_23510619.jpg


前回はここでバスから下ろされました
e0335926_23515650.jpg
ヤーコン仲間の4人は事情が分からずおろおろしてしまいました
すぐ側の怪しい黒いちょっと大きい乗用車に乗りなさい・・・と言われ
乗り換えると、荷台に大きな黒い汚いワンコも乗り込んで来て出発==3


結局無事に着いたのでしたが。。。
未だになぜあそこで黒い車に乗り換えたのか謎のままです
e0335926_23570409.jpg


# by ruru-club | 2017-12-15 23:59 | プラハ~ザルツブルク~ウイーン | Trackback | Comments(4)
  

ruruの庭と日頃の出来事をつづります♪
by ruru
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
杏さん、みんな一斉に風信..
by ruru-club at 19:25
おはようございます! ..
by 杏 at 07:01
KIRAKOさま、こんば..
by ruru-club at 22:51
ruruさま こんばん..
by KIRAKO at 22:22
鍵コメさん、こんばんは♪..
by ruru-club at 22:46
KIRAKOさま、こんば..
by ruru-club at 20:05
ruruさま こんばん..
by KIRAKO at 21:44
KIRAKOさま、こんば..
by ruru-club at 19:18
ruruさま こんにち..
by KIRAKO at 13:52
ゴミ置き場のお宝見つけま..
by ruru-club at 10:50
最新の記事
ヒヤシンスを求めて
at 2018-01-18 18:53
ピーナッツリース
at 2018-01-16 22:22
「プラハのモーツァルト」&「..
at 2018-01-14 21:55
ハンキングバスケット2つ
at 2018-01-14 21:52
日吉でコンサート♪
at 2018-01-13 22:36
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
最新のトラックバック
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
自然の造形を手本に、未体..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
本物を見て初めて理解でき..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
クレラー=ミュラー美術館..
from dezire_photo &..
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
薄命の天才作曲家・ベッリ..
from dezire_photo &..
スペインで最も美しいステ..
from dezire_photo &..
華やかさと醜さの共存する..
from dezire_photo &..
ブログジャンル
花・ガーデニング
日々の出来事