カテゴリ:イタリア旅行( 11 )
水の都「ヴェネチア」
3月26日(水)
宿泊ホテルのあるメストレからバスに乗り
途中で水上バスに乗り換え「てヴェネチア」へ
e0335926_07045109.jpg
「ドゥカーレ宮殿」や「サンマルコ寺院」が見える


e0335926_07055743.jpg




e0335926_07063448.jpg



e0335926_07071941.jpg

レストランの黄色い花は「葉ボタン」・・・帰る頃は撤去されてた

e0335926_07074859.jpg

ため息橋

e0335926_07092913.jpg

サンマルコ寺院

e0335926_07102113.jpg

e0335926_07123013.jpg

あちこちに見えるこのテーブルらしきもの
満潮時や大雨の時、一帯は水浸しになるらしく
道路に並べて道を作るのだそう

そういえば4年前に大学オケの演奏旅行の帰り「ヴェネチア」に寄ったK太が
「10年後は水没するかもしれないから行っておいた方がいいよ」と勧めてくれていた

e0335926_07104965.jpg

「ゴンドラ」より「モーターボート」の方が多かった

e0335926_07142455.jpg

e0335926_01173920.jpg

e0335926_07250212.jpg

e0335926_07244958.jpg

e0335926_07215530.jpg

e0335926_07194973.jpg

e0335926_07202894.jpg


e0335926_07224735.jpg

e0335926_07221576.jpg

e0335926_07210916.jpg

e0335926_07174898.jpg

e0335926_07155019.jpg

美しい小鳥のさえずり「カナリヤ」かな?
e0335926_07181296.jpg
珈琲専門店・・・時間があったら中へ入りたかった
e0335926_07184002.jpg

集合時間近くにはどんどん観光客が増えてきて

e0335926_07234985.jpg

帰りは反対側の景色を楽しんで

e0335926_07254779.jpg

この後は「フェイレンツェ」近くのホテルまで283Kmバス移動

失敗・・・サンマルコ広場の近くにある「フェニーチェ劇場」を見忘れ


by ruru-club | 2014-05-03 01:31 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
ローマ観光へ
3月28日(金)
「ヴァチカン」観光の後は「コロッセオ」へ
e0335926_00210723.jpg

e0335926_00203757.jpg

e0335926_00213274.jpg

e0335926_00202312.jpg

その後「トレビの泉」へ
e0335926_00474205.jpg
このすご~い ひ・と・人・ひと
e0335926_00250525.jpg

この後、ガイドさんの案内で混雑する路地を歩いて「スペイン広場」へ
「ローマの休日」でオードリー・ヘップバーンがアイスを食べたシーンの場所?
e0335926_00260496.jpg
階段を登って
e0335926_00271186.jpg
e0335926_01424282.jpg

~~~~~~~~~~~~


翌日の自由行動で午前中はバチカン美術館へ
地下鉄車内のコマーシャルTVは「北海道」
e0335926_14533540.jpg
前日バスの車窓が良かったのでヴァチカンの後は「コロッセオ」まで歩くことに

全食事つきツアーだったけど、最終日はキャンセルして
まずは「ランチ」の場所探し
e0335926_14353267.jpg
この通りが雰囲気があってよさそう

e0335926_14231149.jpg
e0335926_14191081.jpg
e0335926_14233892.jpg

e0335926_14283400.jpg
e0335926_14284563.jpg
美味しかったけど、日本の美味しいお店と変わらない

e0335926_14332635.jpg
e0335926_14195967.jpg

イタリア人はテラスやベランダでガーデニングを楽しむ方が意外と多い
e0335926_14213762.jpg

e0335926_01473623.jpg

都会でも田舎でもこんな風景があちこちに

e0335926_14173633.jpg


前日の風景を歩きながら楽しんで「テルミニ駅」へ
e0335926_00340470.jpg
e0335926_00420358.jpg
e0335926_00362248.jpg
e0335926_00371339.jpg
e0335926_00291900.jpg
e0335926_00333095.jpg
e0335926_00284234.jpg

ローマオペラ劇場
e0335926_00381007.jpg

e0335926_00382604.jpg

e0335926_01005332.jpg

この季節にしかないトマトジュースみたいな「オレンジジュース」
あちこちに絞りたてが売ってるから是非飲んで・・・とT子ちゃん
やっとテルミニ駅地下のショップで見つけて
e0335926_01011587.jpg
美味しかった!


by ruru-club | 2014-05-01 01:05 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(2)
ヴァチカン美術館
3月28日(金)ローマへ「ヴァチカン」観光の予定 
「サンピエトロ寺院」でミケランジェロの「ピエタ」を見るはずが
前日「オバマ大統領」バチカン訪問の影響で中に入れず
e0335926_23272362.jpg

e0335926_23300243.jpg
e0335926_23290454.jpg
翌日は1日自由行動

やはりT子ちゃんのお勧めで日本から予約
ヴァチカン美術館へ
e0335926_23320259.jpg
当日券の入場券はこんなに長い行列
e0335926_23390910.jpg
右奥に入口が
e0335926_23333835.jpg
予約のおかげでスイスイ進んで、厳重な荷物チェックを通って2階へ
e0335926_23401050.jpg
e0335926_23432846.jpg
e0335926_23434321.jpg
e0335926_23454396.jpg

e0335926_23452807.jpg

e0335926_23451892.jpg

e0335926_23495200.jpg
e0335926_23493906.jpg
e0335926_23533410.jpg
e0335926_23534951.jpg

e0335926_23515548.jpg
e0335926_23514079.jpg

e0335926_23491722.jpg

e0335926_23581825.jpg

e0335926_23585466.jpg


e0335926_23562914.jpg

e0335926_23572617.jpg

順番メチャクチャ

この後はシスティーナ礼拝堂へ(撮影禁止)


by ruru-club | 2014-05-01 00:13 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
ローマの松

レスピーギ作曲の交響詩「ローマの松」
K太が中1で初めて青少年オーケストラキャンプに参加した時の曲
松=日本の木のイメージでいたので  ローマに松~?

3月28日(金)「フィレンツエ」近くのホテルから「ローマ」へ
最初に目に入ったのは「サンタンジェロ城」

e0335926_22103462.jpg


プッチーニのオペラ「トスカ」の最後のカヴァラドッシが処刑される城
そしてカヴァラドッシの死を知ってトスカが屋上から身を投げた城

その周りに生えてる松の木

e0335926_22131602.jpg


「ローマの松」に納得
ついついあちこちで松の木を見つけてはカメラを向ける

それでは松の木を集めてみましょう!

e0335926_22145296.jpg

e0335926_22161955.jpg

バスの窓からもカメラを向けて
e0335926_22183250.jpg

「コロッセオ」の松

e0335926_22191942.jpg
e0335926_22205742.jpg
e0335926_22215017.jpg

e0335926_22253831.jpg
このくらいにしておきましょう~
日本の松より細くて女性的かも


レスピーギの「ローマの松」の第3部(第3楽章?)には
本物の「ナイチンゲール」の鳴き声が使われている


by ruru-club | 2014-04-30 23:21 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
フィレンツエ② ポンテ・ヴェッキオ橋~ドゥオモへ
ウフィッツィ美術館を抜けると「アルノ川」
右側奥にフィレンツエ最古の橋「ポンテ・ヴェッキオ橋」が見える
e0335926_19505168.jpg

e0335926_19544823.jpg



橋の中央では遠足に来ている小学生たちが記念撮影

e0335926_19563866.jpg

e0335926_19592548.jpg
e0335926_20000889.jpg

ここでUターン「ドゥオモ」方面へ


どこを見ても観光客だらけ
ジェラート屋さんやピザ屋さんがあちこちに

e0335926_20010884.jpg

e0335926_20021835.jpg
e0335926_20032480.jpg

e0335926_20045360.jpg



「ドゥオモ」

e0335926_18080586.jpg

600年かけて作られただけあって
どの部分を見ても、美しくて緻密で素晴らしい!

e0335926_18272590.jpg



ジョットの鐘楼

e0335926_18082597.jpg

「ドゥオモ」の中へ

e0335926_20250431.jpg
e0335926_18241223.jpg
e0335926_18244496.jpg

「フィレンツェ」とは花を意味するらしい
その花の都の花売り場

e0335926_18221519.jpg
e0335926_18094614.jpg


日本と全く同じ花が並んでる!
お値段はちょっと高めかな

e0335926_20310368.jpg


by ruru-club | 2014-04-30 21:00 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
フィレンツエ① ミケランジェロ広場~ウフィッツィ美術館
3月27日(木) ヴェネチアからフィレンツエへ

ミケランジェロ広場から
e0335926_18360872.jpg


e0335926_17494929.jpg

「ドゥオモ」近くにバスが入れないため、途中で降りてかなり歩いて
e0335926_18191907.jpg

サンタ・クローチェ教会
e0335926_17524391.jpg
「ミケランジェロ」「ガリレオ」「ロッシーニ」を始め多くの偉人たちが埋葬されている
「ナイチンゲール」鳥ではなく もフィレンツエ出身で
付属美術館の回廊に記念碑があるのだそう

どんどん先へ行くと「シニョーリ広場」へ
13~14世紀の政治の中心地
e0335926_20432561.jpg

e0335926_19011948.jpg


コジモ1世の象
e0335926_20440132.jpg

たくさんの彫刻が立ち並びまるで「屋外美術館」のよう
e0335926_19023354.jpg
e0335926_20463925.jpg

「ヴェッキオ宮」
14世紀に建てられ現在も市庁舎として

e0335926_19034339.jpg

e0335926_20422090.jpg

e0335926_19202377.jpg

「ランツィのロッジア」屋外ギャラリー
e0335926_19041436.jpg


左の通りを行くとすぐに「ウフィッツィ美術館」

e0335926_19222533.jpg

人気の美術館でT子ちゃんのお勧めで日本からインターネット予約
半日の自由時間はここをゆっくりと(撮影禁止)

それほどの混雑はなく、ゆっくりと鑑賞
素晴らしい絵画揃い
画集で見るのとはまるで違う

2階の廊下からの眺め

e0335926_18175658.jpg
e0335926_18105523.jpg


4階の「カフェ」で珈琲タイム
あ~ 飲んじゃってから

e0335926_19290535.jpg


眺めが良くてゆっくりくつろぐ

e0335926_18162585.jpg


奥の塀から覗くと

e0335926_19324643.jpg

 クーポラに人が見える

e0335926_21113727.jpg
e0335926_21121428.jpg


ミュージアムショップで
「ウフィッツィ美術館 芸術歴史コレクション」の分厚い本を購入
e0335926_20544029.jpg


こんな本も見つけました。子供用だけど面白い

e0335926_19434281.jpg



by ruru-club | 2014-04-30 20:58 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
古代ローマ円形劇場「アレーナ」と野外音楽祭
現地のガイドさんの案内で「ベローナ」の街の中を散策
奥の方に円形の古い建物が
e0335926_00432837.jpg

e0335926_00444898.jpg

e0335926_21220745.jpg

紀元1世紀に建てられ、大理石とレンガを積んで造られた44段の石段には
25000人が座れるという

e0335926_00452076.jpg


劇場前の広場にオペラの案内
e0335926_00462605.jpg

e0335926_00461402.jpg
e0335926_00463878.jpg
「モーツアルトとイタリア」の本には夏に世界的なオペラが開催され
本物の動物を使った「アイーダ」が上演されるとある

そういえば、T子ちゃんとI籐さんは去年、新国立劇場で
馬3頭出てきた「アイーダ」を見ている
どこかの町では本物の象を使った「アイーダ」が上演されると聞いた

帰った翌日高島屋から冊子が届き、その中にこんな旅行案内が
e0335926_21115821.jpg
T子ちゃんにメールで知らせると、象が出てくる「アイーダ」はこの音楽祭なのだそう!
ザルツブルク音楽祭の旅行の訪問街の候補に「ベローナ」をあげられていたらしい
全く他人事で記憶なし・・・008.gif


by ruru-club | 2014-04-07 22:30 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
「べローナ」とモーツァルト
ミラノからヴェネチアに向かう途中にベローナ観光
e0335926_00260068.jpg

「ロミオとジュリエット」の舞台になった街
飛行機の中で「モーツァルトとイタリア」の本を読むと
e0335926_21114722.jpg
モーツァルト14歳の12月13日に父親レオポルトとイタリア旅行に出かけ
12月27日に「ベローナ」に到着。充実した2週間を過ごしている

裏表紙にベローナの街とヴェネチアが載ってる
e0335926_21205890.jpg
「ベローナ」の載っているガイドブックは持っていない
この本に載っている簡単な地図が頼り

モーツアルトが演奏したパイプオルガンのある「サン・トンマーソ教会」
オルガンにはモーツァルトのサインが残っているらしい
モーツアルト父子が泊まったホテル「二つの塔館」
ベロナ大聖堂も見たかった
e0335926_00273617.jpg

e0335926_00301241.jpg
アディジェ川
e0335926_00291375.jpg
e0335926_00310743.jpg
e0335926_00303731.jpg
e0335926_00321726.jpg
e0335926_00330078.jpg
e0335926_00343102.jpg
e0335926_00361449.jpg
ジュリエットの館
e0335926_00364237.jpg
向かい側にはアパートらしき建物
どこの窓辺にも植物が!
e0335926_00365558.jpg

e0335926_00372077.jpg
シニョーリ広場
e0335926_00402028.jpg
建物の壁に壁画が見える

e0335926_00385507.jpg
e0335926_00391775.jpg
面白い観光バス
e0335926_00384477.jpg
歩道に大理石のアンモナイトの化石が点在
e0335926_00413458.jpg
e0335926_00420586.jpg
e0335926_00423650.jpg

e0335926_00500239.jpg

by ruru-club | 2014-04-07 22:03 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
ミラノ大聖堂とスカラ座

3月24日(月)
成田~チューリッヒ経由~ミラノ フィウミチーノ(レオナルド・ダ・ビンチ)国際空港へ
初日はミラノから15Km離れたリンビアーテ泊
翌日観光はミラノ。ドゥオモ(大聖堂)前でバスを降りるはずが
停車が厳しくなったそうで、スフォルツェスコ城前下車

e0335926_23595796.jpg
添乗員さんの案内でドゥオモまで15分ほど歩いてから自由時間
朝の渋滞もあって帰りの徒歩15分を考えると正味1時間もない

ミラノと言えば、「最後の晩餐」
「サンタ・マリア・デッレ・グラッツェ教会」の方まで歩きたかったけど時間がない
T子ちゃんお勧めのおしゃれなワンコがいっぱいいる「スフォルツェスコ城の公園」
目の前まで行っているのに、足を踏み入れることもできなくて007.gif

ダンテ通りをまっすぐ歩くと「ドゥオモ」が見えてくる
e0335926_00004969.jpg

中をザ~っと見るのがせいいっぱい
e0335926_00042518.jpg

e0335926_02251341.jpg


e0335926_00031650.jpg

e0335926_00033026.jpg


次はどうしても見たかった「ミラノ・スカラ座」へ
e0335926_00060282.jpg
 ドゥオモの左側の立派な門から入るアーケード
「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」を抜けると
e0335926_00081500.jpg


e0335926_00101827.jpg

e0335926_01402899.jpg

「スカラ広場」

e0335926_00184970.jpg
右側の建物は市庁舎。左手側にスカラ座が
e0335926_00123345.jpg

e0335926_00173957.jpg
オペラの演目に「コジファン・トゥッテ」「バラの騎士」
「カヴァレリア・ルスティカーナ」等が見える
バレエには「ロミオとジュリエット」も


子供達のジュニアオーケストラ時代の岩村力先生はスカラ座で指揮をされていて
帰国してすぐの時にジュニアオケの常任指揮者になられた
ミラノ・スカラ座管弦楽団員のオーボエ奏者とクラリネット奏者の方が
子供たちと協奏曲を共演してくださったのは良い思い出060.gif

中を見学したかった!! この後はバスまで駆け足==
いつかここで演奏会やオペラを観てみたい~♪

by ruru-club | 2014-04-06 10:01 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(2)
ヴェネチアとビバルディ

ちょっと前にT口さんが「・・・はビバルディの教会がある・・・」
さてフィレンツエだったかヴェネチアだったか・・・?
空港に向かう電車の中でお尋ねメール062.gif

「ヴェネチアのOspeda della pieta ピエタ慈善院」
自由時間があれば行ってみましょう

e0335926_00405202.jpg


3月26日(水)
朝早めのヴェネチア入り
水上バスからのヴェネチアの眺めがすばらしい

観光客が少なめで順調に現地ガイドさんとの観光も進み
ランチまで2時間近くの自由時間

真っ先に「ピエタ慈善院」探し

e0335926_20181855.jpg
e0335926_20201839.jpg

e0335926_20203457.jpg
ピエタ慈善院の中には入れず
e0335926_01094102.jpg
ミュージアムがあるのかな~? 近辺を探してみてもわからず
ゆっくり見る時間もないし、まっいいか~


~~~後でわかったこと~~~
e0335926_00312809.jpg
水上バスから見えていたこの白い教会の右路地奥に
「ピエタ慈善院」があった訳だけれど、この教会の表入口から入るらしい



街の中で見かけたコンサート会場
e0335926_20154183.jpg

e0335926_20150521.jpg

e0335926_20151708.jpg


「ビバルディホテル」までありました
e0335926_20163880.jpg

e0335926_20160409.jpg


~~~~~~~~~~~~~~


今日は3か月ぶりの歯医者さん
行く途中に「ヤマハ」があるので寄ってみたら
e0335926_20294531.jpg
こんなに読みたい本に出会ってしまって

子供用の伝記「ビバルディ」をさっそく読んで
ビバルディの事、ベネチアの事を知りました
当時の孤児の女の子たちの音楽レベルが相当高かったこと
当時から今のベネチアの様子がわかり、とても興味深い本でした

K太、Y太のヴァイオリンのお稽古でおなじみのビバルディ
もっと早くこの本を子供のために買ってやれば良かったですね

最近観た「トスカ」の舞台。最後はローマの「サンタンジェロ城」
ローマで一番最初に目に入った建物
ガイドさんのお話でトスカの舞台と知る

T子ちゃんのお話から「ピエタ」のことを知り
「ピエタ」の文庫本が目に留まって開いてみると

きのう、ヴィヴァルディ先生が亡くなったと、アンナ・マリーナが
泣きながらわたしのところへ来た。

なんとヴェネチアのビバルディと慈善院の孤児たちのお話ではないですか!!

旅行をするごとに今まで目に留まらなかった書籍に目が行き
出会った場所や人物や歴史を知りたくなる

しばらくそんな状態が続きそうです

by ruru-club | 2014-04-03 01:32 | イタリア旅行 | Trackback | Comments(0)
  

ruruの庭と日頃の出来事をつづります♪
by ruru
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のコメント
杏さん、昨日は本当にびっ..
by ruru at 10:01
今日はびっくり!でした(..
by 杏 at 23:57
KIRAKOさま、こんば..
by ruru-club at 19:26
チョコぴーさん、そう時間..
by ruru-club at 19:19
プラリーヌさま、白いふわ..
by ruru-club at 19:15
鍵コメさま、こんばんは~..
by ruru-club at 19:11
ruruさま こんにち..
by KIRAKO at 13:26
やりだすと楽しくて、時間..
by チョコぴー at 09:57
グリーンのリースも素敵で..
by rosepraline at 08:27
プラリーヌさん、ふわふわ..
by ruru-club at 17:59
最新の記事
北鎌倉でお食事会とハッピータイム
at 2017-11-16 23:15
クリスマスリース④ 真夜中の反省
at 2017-11-15 22:59
クリスマスリース③&ふわふわ..
at 2017-11-14 12:06
散歩
at 2017-11-13 13:21
クリスマスリース②
at 2017-11-11 21:19
ライフログ
検索
ブログパーツ
ファン
最新のトラックバック
倉冨亮太さんの繊細な美し..
from dezire_photo &..
自然の造形を手本に、未体..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..
本物を見て初めて理解でき..
from dezire_photo &..
バッハとヘンデルの音楽性..
from dezire_photo &..
クレラー=ミュラー美術館..
from dezire_photo &..
シャガールの美術の魅力
from dezire_photo &..
薄命の天才作曲家・ベッリ..
from dezire_photo &..
スペインで最も美しいステ..
from dezire_photo &..
華やかさと醜さの共存する..
from dezire_photo &..
ブログジャンル
花・ガーデニング
日々の出来事